おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


山下達郎サンデーソングブック 2021年10月17日『棚からひとつかみ+リクエスト』

達郎氏による曲の解説部分を要約して記載しています(青字部分は書き起こし)。ネットに楽曲データがあるものは張り付けていますが、オンエアされた音源とは異なる場合が多々あります。

f:id:bakoji:20220308114040j:plain

1. JUNGLE SWING / 山下達郎 
2. PUT YOUR HEAD ON MY SHOULDER / THE LETTERMEN 
3. I JUST CAN'T GET YOU OUT OF MY MIND / THE FOUR TOPS 
4. AND WHEN I DIE / LAURA NYRO 
5. THE WAY OF LOVE / KATHY KIRBY 
6. WANDER BOY / BRUNO 
7. I COULD NEVER HATE HER / DARRELL BANKS 
8. MONDAY BLUE / 山下達郎 

 

食欲の秋になってきましたけれども、ちょっと太めになってしまった分、必死に我慢している今日この頃であります。
レコーディングしてますと動かないので。
気を付ければ済む話(笑)
なかなか代謝が衰えて、なかなか減らない。
みなさん同じような悩みをお抱えと思います。
で、レコーディングやっておりまして、リズム録りなんかしました。
まだ、もうちょっと録ってみようなかななんて、一所懸命やってます。

なわけで、番組の方は、ずーっと皆様のお便り、リクエストに助けられつつ、棚からひとつかみ+リクエストみたいなことをやっております。
先週、お肉の特集やりましたら、たいへんご好評いただいたと言いましょうか(笑)
いろいろな方から、いろいろなお便りを頂きました。
本日も山下達郎のレコード棚からアトランダムに、いろいろお聴きを頂きます。
レギュラープログラム『棚からひとつかみ』
プラス皆様からのリクエストカードに助けられまして『棚つか+リクエスト』

季節柄なので、こんなのはいかがでしょうか。
「JUNGLE SWING」1993年のシングルであります。
JUNGLE SWING / 山下達郎 

 

この季節になるとミドル・オブ・ザ・ロードのヴォーカルグループの曲が聴きたくなる。
先日はヴォーグスをかけたので今日はレターメン。
1968年、全米44位のスマッシュ・ヒット「PUT YOUR HEAD ON MY SHOULDER」。
1959年のポール・アンカの大ヒットのカヴァー。
PUT YOUR HEAD ON MY SHOULDER / THE LETTERMEN 


フォー・トップスがモータウンからABC・ダンヒルに移籍して、ここでもたくさんヒット曲を出した。
1974年の「I JUST CAN'T GET YOU OUT OF MY MIND」はデニス・ランバートとブライアン・ポッターの作品。
全米ソウルチャート18位、全米62位のスマッシュ・ヒット。
ランバート&ポッターの特集、一体いつになったらできるのか。アルバムが出てからか。
I JUST CAN'T GET YOU OUT OF MY MIND / THE FOUR TOPS 


ローラ・ニーロの1966年のオーディションテープがアナログだけで発売。
録音状態は悪いが歴史的には価値がある。
アルバム『GO FIND THE MOON』から「AND WHEN I DIE」のオーディションのテイク。
彼女はこのとき18歳だが、すでに歌い方は完成しており、内向的な素晴らしい歌。
AND WHEN I DIE / LAURA NYRO 


リスナーから「以前番組でかかった男性が歌うフランソワーズ・アルディの「Parlez-moi de lui」そっくりな曲が気になってる」
かけたのはペリー・コモの「IT'S IMPOSSIBLE」で、もともとはメキシコの作曲家の曲。
この曲と歌い出しが非常によく似た曲がある。
1960年頃に作られた曲で、ダリダが1966年「TELL ME ABOUT HIM」という違うタイトルで歌った。
これを数年後にフランソワーズ・アルディがカヴァーした。
このタイトルの違う2曲の間には英語版がある。
キャシー・カービーというイギリスでは有名な歌手の1965年の「THE WAY OF LOVE」。
1971年になってシェールがアメリカでレコーディングしてヒットした。
歌い出しが「IT'S IMPOSSIBLE」に似ているが全然別の曲。ヨーロッパでは有名。
今回はいちばん演奏がいいと思うキャシー・カービーのヴァージョンを。
THE WAY OF LOVE / KATHY KIRBY 


次のリクエストはブルーノの「WANDER BOY」。
作者はハリケーン・スミス。1966年のシングル。
WANDER BOY / BRUNO 


この季節はノーザンソウルが聴きたくなる。
ダレル・バンクスはデトロイトを中心に活躍した黒人シンガー。
32歳という若さで警官に射殺された。
その一年前、1969年に発売されたアルバム『HERE TO STAY』から「I COULD NEVER HATE HER」。
作曲はスティーヴ・マンチャ。
I COULD NEVER HATE HER / DARRELL BANKS 


今日の最後は10月なので「MONDAY BLUE」。アルバム『GO AHEAD!』から。
MONDAY BLUE / 山下達郎 

 

<了>