おとのほそみち Jazz and More

行きかふ歌も又旅人也


山下達郎サンデーソングブック 2021年7月25日「『夏』で棚からひとつかみ」

達郎氏による曲の解説部分を要約して記載しています(青字部分は書き起こし)。ネットに楽曲データがあるものは張り付けていますが、オンエアされた音源とは異なる場合が多々あります。

--------------------------------------------------------------------------------

1. GIRLS ON THE BEACH / 山下達郎 "BIG WAVE" '84
2. SUMMERTIME BLUES / EDDIE COCHRAN '58
3. SUMMER IN THE CITY / THE LOVIN' SPOONFUL '66
4. SUMMER SUN / JAMESTOWN MASSACRE '72
5. THEME FROM "A SUMMER PLACE" / THE LETTERMEN '65
6. SUMMERTIME GIRL / THE TRADEWINDS '65
7. GOODBYE MY LOVE / THE MONTEREYS '66
8. NASHVILLE IN THE SUMMER / BUZZ CASON '69
9. 夏への扉 (LIVE) / 山下達郎 "16/10/04 新宿ロフト"
10. 僕らの夏の夢 (LIVE) / 山下達郎 "17/07/09 中野サンプラザ"

 

暑いので、この季節は例年ですね「納涼リクエスト大会」、あるいは「サマーサウンズ」「サーフィンホットロッド」そういうようなものを、2年にいっぺんくらいですね、コンスタントに行ってまいりましたけれども。
この1、2年、こういう情勢ですので、そういうのが気が付いてみると全然ごぶさたしておりますので、じゃぁ、今日はそういうのをやろう。
昔でしたらサマーサウンズ特集とか、大仰なタイトルにしましたけど、もういいんです1500回超えましたから。
夏で棚からひとつかみ。
何が飛び出してきますか、お楽しみに(笑)
私の1984年に出しました「BIG WAVE」というサウンドトラックですけども、この中にはビーチボーイズのカバーがたくさん入っております。
一人多重録音で演奏しましたビーチボーイズのカバー、
1984年のアルバム「BIG WAVE」から「GIRLS ON THE BEACH」

GIRLS ON THE BEACH / 山下達郎

 

 

エディ・コクランの1958年、全米8位の「SUMMERTIME BLUES」。
カヴァーが数多くあるけれどオリジナルがピカイチ。
SUMMERTIME BLUES / EDDIE COCHRAN


 

次はニューヨーク・サウンド。
ラヴィン・スプーンフルの1966年の全米NO.1、「SUMMER IN THE CITY」。
昼は茹だるように暑いけれど、夜になって涼しくなってから、みんな表に出て遊ぶという対比が歌われている。
SUMMER IN THE CITY / THE LOVIN' SPOONFUL


 

サマー・ソングで私が大好きな一曲「SUMMER SUN」。
演奏しているのはジェームスタウン・マサカで、1972年にこれ一曲のシングルヒット。
しかも全米90位というワン・ヒット・ワンダーにすらなってない。
全然CD化されてなかったが、ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツに収録されたりして、少しずつ聴けるようになった。
この曲を日本で初めてラジオで放送したのは私。
その後もこの曲をラジオでかける人はいないから、結局、この曲が聴けるのはこの番組だけ。
SUMMER SUN / JAMESTOWN MASSACRE


 

夏の歌というとパーシー・フェイス・オーケストラの「夏の日の恋」。
インストゥルメンタルよりザ・レターメンのカヴァーの方がいい。
1965年、全米16位の「THEME FROM "A SUMMER PLACE"」。
レターメンにしては珍しくトップがメロディで、バーバーショップ・スタイルではない。
THEME FROM "A SUMMER PLACE" / THE LETTERMEN

 

 

ニューヨークのトレード・ウィンズはピーター・アンダースとヴィセント・ポンシア、アンダース&ポンシアの幽霊グループ。
1965年の「SUMMERTIME GIRL」はレッドバード・レーベルから出した最後のシングルで、いちばんレアな曲。
昔は本当に手に入らなかったけれど、今はCDで聴けるいい時代になった。
SUMMERTIME GIRL / THE TRADEWINDS


 

モンタレーズはウェストコーストのチカーノ系の4人組ヴォーカル・グループ。
1966年の「GOODBYE MY LOVE」はフォー・シーズンズのクローンみたいな曲。
GOODBYE MY LOVE / THE MONTEREYS


 

バズ・ケイスンはロニー&ザ・デイトナスに作品を提供している人。
彼のソロで1969年の「NASHVILLE IN THE SUMMER」は、バズ・ケイスンとボビー・ラッセルのプロデュース。
NASHVILLE IN THE SUMMER / BUZZ CASON



「夏への扉」は、フルメンバーでしばらくやってないので、今週はアコースティック・ヴァージョンで。
2016年10月4日、新宿ロフトでの3人ライヴから。二番を歌っているのはキーボードの難波弘之氏。
夏への扉 (LIVE) / 山下達郎 

 

 

今日の最後はおなじみ「僕らの夏の夢」
細田守監督、新作公開されました。
私も楽しみで観に行きたいと思っております。
「僕らの夏の夢」ライブバージョンのリクエストいただきましたが、2017年のライブバージョンを持ってきたんですけども、うっかりして、いつのやつか、書いてない(笑)
すいません(笑)

僕らの夏の夢 (LIVE) / 山下達郎

 

<了>