おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

Everything Must Change / Benard Ighner (1974)

「Everything Must Change」は名曲ゆえに、歌った人はたいへん多い。

有名どころを挙げていっても、ペギー・リー、バーブラ・ストライサンド、ナンシー・ウィルソン、ジョージ・ベンソン、カーメン・マクレエ.....と錚々たる顔ぶれが並ぶ。

なかでも一番有名なのはランディ・クロフォードの1976年作だろう。

この曲を1曲目に収めたアルバムのタイトルも『Everything Must Change』。

彼女を一躍有名にしたのが、この曲であり、このアルバムだ。

これがデビュー作とは思えない完成度である。

Everything Must Change

Everything Must Change

  • アーティスト:Crawford, Randy
  • 発売日: 2000/03/13
  • メディア: CD


1952年生まれだから、まだ20代の半ば。

その年代ならではの、はつらつとした勢いを感じさせてくれる。

曲もいいし、アレンジも洗練されているし、演奏もいい。

キーボードにジョー・サンプル、ベースにロバート・ポップウェルとアンソニー・ジャクソン、ギターにラリー・カールトンとジェイ・グレイドン....

フュージョンファンなら、この顔ぶれをみただけで飛びつくだろう。


さて、この「Everything Must Change」という曲だが、作者については曲ほどには知られていないかもしれない。

書いたのはバーナード・アイグナー(Benard Ighner)。

もともとはジャズ畑の人で、1960年代半ばからディジー・ガレスピーのグループなどで活躍。

1974年、クインシー・ジョーンズの名盤『BODY HEAT』に起用されて、「Everything Must Change」が収められた。

ここでは彼自身がヴォーカルをとっていて、すなわちこれがオリジナルである。

このアルバムにはアル・ジャロウやリオン・ウェアなども参加していて、彼らと並んで注目されることになった。

うまいのだ、これが。

Body Heat

Body Heat

  • アーティスト:Jones, Quincy
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD

 

 翌75年には、これも超のつく名盤、マリーナ・ショウの『WHO IS THIS BITCH, ANYWAY?』に楽曲提供し、アレンジやキーボードでも参加している。

例えば「Davy」「Loving You Was Like A Party」などは彼の作品。

しっとりした良い曲だ。


そんな彼は1枚だけ自分名義のソロアルバムを残している。

78年作の『LITTLE DREAMER』がそれで、なんと東京で録音されており、日本のミュージシャンが多数参加している。

ギターに渡辺香津美、ドラムスに村上'ポンタ'秀一、キーボードに深町純と、こちらもこの顔ぶれだけで食指が動く人も多いだろう。

このアルバムのラストを飾るのは、もちろん代表曲の「Everything Must Change」。

クインシーのときとは、違うアレンジで熱唱している。


しかし残念なことにこのアルバム、CD化されていない。

もちろんSpotifyなどのサブスクでも聞くことはできない。

彼は2017年に惜しくも他界した。

いつか『LITTLE DREAMER』がリイシューされることを願っている。

<了>