おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

郷ひろみ meets 24丁目バンドの1979年作『SUPER DRIVE』がサブスク解禁 !!!

 

郷ひろみさんがデビュー50周年を記念し、8月1日に自身の楽曲555曲(GO! GO! GO!ということらしい)を、サブスク解禁した。

全盛期にテレビの音楽番組をかじりついて見ていた私なので、代表曲はもちろんほとんど知っているが、限られた小遣いのなかでレコードを買うほどのファンではなかったから、音源はあまり持っていない。

筒美京平さんの作品集とか、ヒット曲のコンピ盤に収められていたものくらいだ。

なので、このサブスク解禁は、懐かしの歌謡ポップスを楽しむ上で喜ばしいのだが、もうひとつ洋楽ファンとして嬉しいことがある。

79年リリースのアルバム『SUPER DRIVE』もサブスクに含まれていることだ。

SUPER DRIVE

SUPER DRIVE

  • Sony Music Labels Inc.
Amazon

そもそもはLPレコードしてリリースされたが、CD化されたのはボックスセットの1枚としてのみ。単独でCDリリースされたことはなく、非常に入手しずらいものだったのだ。

なぜ私のような古株の洋楽ファンが注目していたのかというと、バックの顔ぶれが凄い。

ハイラム・ブロック、ウィル・リー、スティーヴ・ジョーダン....そう24丁目バンドなのである。

24丁目バンドのアルバムは2枚だけだが、凄腕のセッションミュージシャンが集ったスーパーバンドとして、当時高い人気を誇った。

どういう経緯かしらないが、そんな彼らが郷ひろみさんとコラボしたのが、このアルバムなのだ。

全体に洋楽テイストが満載の、シティポップ~AOR路線。

ヒットシングルの「マイレディー」も収録されているが、まったくの別アレンジである。

全曲すばらしいとは言わないが、下に貼り付けた「入江にて」なんて、なかなかの出来栄え。

ちなみにジャケットは横尾忠則氏、エンジニアは吉田保氏。

相当気合が入っていたことがわかる。

サブスク解禁の英断に感謝したい。

 


<了>