おとのほそみち Jazz and More

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】The Lighting of the Lamps / Grant Stewart、Bruce Harris(2022)

2管クインテットによる正統派のバップ

実に痛快なバップがてんこ盛りである。

決して目新しい音ではないが、アメリカにはこういう演奏に、いつの時代にも一定の支持があるようで、JAZZ WEEKでは最高位11位まで上がっている(2022年7月)

主役であるグラント・スチュワートは正統派のテナー。
野太い音でよく歌う。

ゲストに迎えたブルース・ハリスも、これまた正統派のトランペット。

非常に相性がいいようで、互いにときに引き立て、ときに煽り、リズム隊のとのコンビネーションも良い。

「I'm A Fool To Want You」などのスタンダードもあれば、エルモ・ホープ「Mo Is On」など渋めの曲もありで、全編を通して歌心あふれる演奏を展開している。

 

Grant Stewart (ts)
Bruce Harris (tp)
Tardo Hammer (p)
David Wong (b)
Phil Stewart (ds)

1. Little Spain
2. A Piece Of Art
3. Ghost Of A Chance
4. Out Of The Past
5. Mo Is On
6. I'm A Fool To Want You
7. Bearcat
8. Bitty Ditty

<了>
このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら