おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

マックス・ミドルトン Max Middleton #6 Hummingbird「We Can't Go On Meeting Like This(密会)」1976

 

第2期ジェフ・ベック・グループのメンバーを中心に結成されたハミングバード(Hummingbird)のセカンドアルバム。

1976年のリリースである。


邦題の「密会」とはよく付けたものだ。

原題は「We Can't Go On Meeting Like This」。

直訳すれば「私たちはもうこんな風に会い続けることはできない」だろうか。

まさかそのままというわけにはいかないし、「不倫」というタイトルもあんまりなので「密会」で正解だと思う。

 

メンバーは以下の通り
Bobby Tench-guitar, vocals
Bernie Holland-guitar
Clive Chaman-bass
Max Middleton-keyboards
Bernard Purdie-drums

前作で多くの曲を書いていたドラムのコンラッド・イシドア(Conrad Isidore)が抜け、バーナード・パーディ(Bernard Purdie)が加わっている。

彼はアメリカのソウル・ファンク界の名ドラマー。サウンドは前作以上にファンキーになり、インスト曲も増えた。

前作に比べアレンジが洗練され、曲の表情も豊かになった。ハミングバードのアルバムは3枚あるが、これをベストに挙げる人が多い。私も同意見だ。

良い作品ではあるものの、リリース当時ヒットしたかというと、決してそうは言えない。腕利きのミュージシャンが揃ってはいたが、スター性、カリスマ性のある人はいなかったし、曲もあまりキャッチーではなかった。


そして何よりも、この時期、ロックには名作があふれかえっていた。

ボブ・ディラン「欲望」
デヴィッド・ボウイ「ステーション・トゥ・ステーション」
イーグルス「ホテルカリフォルニア」
レッド・ツェッペリン「プレゼンス」
ローリング・ストーンズ「ブラック&ブルー」
ラモーンズ「ファースト」
ジェフ・ベック「ワイアード」

並べて書いて改めて驚く。

1976年だけで、ロック史上に残る作品が目白押しだ。
そして日本では、キッス、クイーン、エアロスミスの人気が高かった。
ハミングバードが埋もれてしまうのは、むしろ当然だったろう。

のちに再注目され、紙ジャケで再発されて何よりである。

 

スポンサーリンク

 

 

 


ところでSpotifyには、ハミングバードの作品はない模様。
多くの人、特に若い人に聞かれる機会が失われているわけで、これは残念だ。

 

この「Scorpio」はツインギターによるインストだが、バーニー・ホランドとともにギターを弾いているのはロバート・アーワイ(Robert Ahwai)。

このアルバムではゲスト参加だが、次のアルバムでは正式メンバーになる。

この曲の後半でのマックス・ミドルトンのソロも素晴らしい。

密会(紙ジャケット仕様)

密会(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ハミングバード
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/11/23
  • メディア: CD

 #この項おわり