おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

マックス・ミドルトン Max Middleton #12      Rhead Brothers「BLACK SHAHEEN」1978

 

イギリス出身の兄弟JOHN RHEADとSTEVE RHEADが結成したデュオ、RHEAD BROTHERS。
1977年のファースト「DEDICATE」に、マックス・ミドルトンをはじめ、ジェフ・ベック・グループ~ハミングバード周辺のミュージシャンたちが参加していることを、前回書いた。


かなり長い間、彼らのアルバムはこの1枚こっきりと思われていたのだが、実はもう一枚あった。

78年に完成したにもかかわらず、レコード会社の判断でお蔵入りにされていたセカンド「BLACK SHAHEEN(ブラック・シャヒーン)」である。

ブラック・シャヒーン【紙ジャケット仕様・解説付き】

ブラック・シャヒーン【紙ジャケット仕様・解説付き】

  • アーティスト: リード・ブラザーズ
  • 出版社/メーカー: Pヴァイン・レコード
  • 発売日: 2017/12/27
  • メディア: CD

なんと米国アラバマのマッスル・ショールズでの録音。
ではあるが、今回もマックス・ミドルトン、キング・クリムゾンやキャメルのサックスプレイヤーとして活躍したメル・コリンズなど、イギリスのミュージシャンたちが参加している。

この幻のアルバム、2017年にノルウェーのPreservationというレーベルからCDとLPが発売されて、同年日本では紙ジャケ仕様のCDで発売された。
この発売にあたっては、AOR分野のライターの第一人者である金澤寿和さんが尽力されたという。
本当に頭がさがる思いだ。

内容は、これぞというキラーチューンこそないものの、耳あたりのいいスムーズ&メロウな楽曲が並んでおり、なぜこれがお蔵入りになっていたのか首を傾げたくなる。

ただ、ことマックス・ミドルトンに関して言えば、このアルバムではバッキングに徹しており、ファーストにあったような流麗なソロはないので、彼らしいローズが聞きたいという人には、あまりお勧めできない。

ちなみにこのアルバム、前作と同様、SpotifyApple Musicなどのサブスクリプションにはない。
Amazonタワレコには若干在庫があるみたいだ。(2019年2月25日現在)

ダメ元で、レンタルのTSUTAYA DISCASをチェックしたら、なんとあった!
会員の人はまずレンタルでチェックするのも、いいかもしれない。

けれど気に入ったらできるだけ買おう。
それが次の発掘リリースにつながるかもしれないのだから。

#この項おわり