おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】アメリカを代表する女性ジャズピアニスト 優美な新作 Life Is Beautiful / Lisa Hilton (2022)

ライフ・イズ・ビューティフル / リサ・ヒルトン

Life Is Beautiful

Life Is Beautiful

Amazon

 

アメリカを代表する女性ジャズピアニスト、リサ・ヒルトン。

いちおう書いておくが、あのセレブのヒルトン一族とは関係ない。

カリフォルニアの小さい街で、大学教授である父と会計士である母のもとに生まれた。

デビューアルバムのリリースは1997年。

これが、25作目のリーダーアルバムだと知って、そんなに多いのかと驚いた。

1年に1作のペース。実にコンスタントな活動ぶりである。

本作は、ドラム、ベースとのトリオ作品。

彼女のピアノには、泥臭さやブルージーな感じはなく、品があってエレガント。

いまどき女性らしい、と言ってはいけないのかもしれないが、やはり女性が奏でる音だな、と思わせる瞬間が多々ある。

そして彼女は作曲能力が非常に高い。

本作も冒頭の1曲をのぞき彼女のオリジナルで、ややヴィンテージで親しみやすいテーマフレーズに耳を奪われる。

JAZZ WEEKのチャートでは上位20位に入っている。
支持は厚いようだ。

 

 

Lisa Hilton
Luques Curtis(b) 
Rudy Royston(d)

 

1.Ernie's Blues
2.Retro Road Trip
3.Nightingales & Fairy Tales
4.Too Hot
5.Unforgotten Moments Falf Forgotten Dreams
6.Stepping Into Paradise
7.Santa Monica Samba
8.Seduction
9.Temproary Lullaby
10.More Than Another Day
11.So This Is Love

 

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら