おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

山下達郎サンデーソングブック 2020年07月05日「ジャニー喜多川さん一周忌 初代ジャニーズの洋楽アプローチとアメリカ進出計画」書き起こし 3/3

オンエアされた曲に関する達郎氏のコメントを書き起こしています(一部要約あり)。インフォメーションやリスナーからのメッセージは割愛しています。張っている音源はオンエアされたものとは異なる場合が多々あります。
2020年07月05日放送分のうち後半1/3をこのページに掲載しています。


1. リトル・ホンダ / ザ・ジャニーズ '64
2. AUTUMN AFTERNOON / THE JOHNNYS '66
3. AUTUMN AFTERNOON / TEDDY NEELEY '67
4. AUTUMN AFTERNOON / THE ASSOCIATION '11('67)

5. NEVER MY LOVE / THE JOHNNYS '66
6. NEVER MY LOVE / THE ASSOCIATION '67
7. I REMEMBER / THE JOHNNYS '67('66)
8. NOTHING SACRED / THE JOHNNYS '67('66)

9. THE VISIT / THE JOHNNYS '66(本ページ掲載)
10. THE VISIT (SHE WAS HERE) / THE CYRKLE "NEON" '67(本ページ掲載)
11. バットマン / ザ・ジャニーズ '66(本ページ掲載)

 

初代ジャニーズのレコーディングで、最も我々にインパクトがあったのは、「ネバー・マイ・ラブ」もそうですけれども、次にお聴きいただく「The visit」 という1曲でありまして。
これが、やはり翌年にですねサークル、レッド・ラバー・ボールのサークルですけども、サークルのセカンドの「ネオン」ってアルバムがあるんですが、これに収録されることになりまして。
こちらジョン・サイモンがプロデュースして、やってるやつですけれども。
この「ネオン」っていうアルバムはですね、細野晴臣さんがお持ちで、大瀧さんが必死になってそれをさがして、我々もそれを聴かされて。
なんとこれがですね、ジャニーズがレコーディングしていたと、その後で知ることになりまして。
それで私は猛然とですね、このジャニーズのレコーディングに興味を持って、今までずっと音を探し続けてきましたけれど(笑)
そういうことで、御託はともかく。

THE VISIT / THE JOHNNYS (音源なし)

今の人が聴くと、いわゆるソフト・ロック範疇でございますが、でも、ちゃんとハーモニーも綺麗ですしね。
で、これを翌年サークルがカバーしたアルバム「ネオン」に収録されております。
それも聴いていただきましょう。

THE VISIT (SHE WAS HERE) / THE CYRKLE


The Cyrkle - The Visit (she was here)

 

再三申し上げておりますけれども、今日のジャニーズの音源はですね、音が本当に悪いんですけども、これしかございませんので。現存してるのがですね。
ご了承ください。

この「ヴィジット」という曲もボディ・チャンドラーとエドワード・マッケンドリーという、先ほどのあの「アイ・リメンバー」という曲のコンビと同じ作曲です。
チャンドラとかバリー・デヴォーゾンも特集したいんですけど、なかなか機会がございません。

こうしたジャニーズの、この66年のレコーディングが何で発売されなかったか、この諸説ありましてですね。
アメリカでは、やっぱり英語の発音に問題があったという見解が大多数なんですけど。
でも、今の耳で聞くと、それほど問題なんじゃないかっていう感じもいたします。
よくハモってますしですね。
あおい輝彦さんの声も、滑らかでとってもいい表現だと思うんですけど。
まあでも一言で言いますとですね、早すぎたんですね。
特に日本では。
66年ですから。
ドルが360円でした。
アメリカへ行くのには、500ドル以上持ち出せないっていう。
500ドルというと360円ですから、18万円ですね。
当時のサラリーマンの66年の初任給が4万円とか4万5千円とか、そういう時代ですから。
それでもそれしか出せなかったっていう。
そういう時代にアメリカ行ってですね、ましてやレコーディングするとか、そういうのは本当に大変なことでありまして。
かろうじて、まだ音が残っているというのは、幸運であります。
それが、少しでもですね、こうやってお届けできるというのは、ラッキーでありますけれども。
来週も引き続き、そんな感じでやってみたいと思います。
フォーリーブスの、海外レコーディングもなかなか面白い音源がたくさんありますので、そちらの方も、お聴きを頂ければと思います。

で、私も今日申し上げてきましたこの初代ジャニーズの歴史に関して、ご興味お有りでしたら、2010年代に入りましてA.B.C-Zの皆様ですね、「ジャニーズ伝説」という日生劇場でやっておられます舞台がですね、DVDになっておりますので。

「ジャニーズ伝説2017」が一番詳細かな。
それをご覧になりますと、今日お聴きをいただきました「ネバー・マイ・ラブ」の部分とかですね、そういうのも聞けますし。
あおい輝彦さんが、ご自分でナレーションをされている部分もございますので、興味ある方は是非どうぞ。
初代ジャニーズ洋楽アメリカ進出計画としてお届けしました。
今日の最後は、その渡米する直前にレコーディングされました TV版のバットマン。
これの主題歌を、ジャニーズがシングルカット致しました。
バックが、ブルーコメッツでありまして。
先ほどの、ブルージーンズのリトル・ホンダと違う、また味があります。
これ1966年のレコーディングでございます。

バットマン / ザ・ジャニーズ


ジャニーズ バットマン 1966 / Batman Theme

 

 【参考】

ABC座 ジャニーズ伝説2017[Blu-ray]

ABC座 ジャニーズ伝説2017[Blu-ray]

  • 発売日: 2018/08/29
  • メディア: Blu-ray
 


「ABC座 ジャニーズ伝説2017」ダイジェスト映像

 

書き起こし1はこちら👇

書き起こし2はこちら👇


 

 

 

 

<了>