おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】実にピアノトリオらしいピアノトリオ 2008年のライヴ Invitation to Openness: Live at Big Twig / Hal Galper Trio (2022)

インヴィテーション・トゥ・オープンネス / ハル・ギャルパー

Invitation To Openness: Live At Big Twig

 

2022年のリリースだが、内容は2008年に行われたライヴ録音である。

 

ハル・ギャルパーは、そのキャリアと実績の割には、日本ではあまり知られていないと思う。

ぶっちゃけ私も、彼のリーダーアルバムは持っていない。

キャノンボール・アダレイやフィル・ウッズのクインテットなどで活躍しているから、そのときの演奏は聞いているのだが。


サブスクでリーダーアルバムがかなり聞けるようになったのでチェックしてみると、これが結構良い。

左手のブロックコードはかなり力強く、右手は動きは優美で繊細。

基本はモードの人だと思うが、もちろんバップもやるし、何ならフリーもやる。

ジャズピアノのメソッドの大半が血肉化されている印象だ。

 

このアルバムはピアノトリオでの演奏。

ライヴだからといって、熱く疾走するような感じはなく、どちらかといえばリリカルで品がある。

とにかく技の持ちネタの多い人なので、聞いていて飽きないし、ドラム、ベースとのコンビネーションも達者。

実にピアノトリオらしいピアノトリオだ。

 


Hal Galper - piano
Tony Marino - bass
Billy Mintz - drums


1.Embraceable You
2.Rapunzel's Luncheonette
3.Winter Heart
4.Ambleside
5.Invitation to Openness
6.Take The Coltrane
7.Wandering Spirit
8.Constellation

 

<了>

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら