おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】ジャズとヒップホップを融合させた異能のピアニスト Bring Backs / Alfa Mist (2021)

ブリング・バックス / アルファ・ミスト

Bring Backs

Bring Backs

Amazon

 

ジャズピアニストであり同時にヒップホップのMCでもあるという異能のミュージシャン、アルファ・ミスト。

近年、活況を呈しているロンドンのジャズシーンの立役者の一人である。

これまでのアルバムは、自身のレーベル「Sekito」から発表してきたが、本作はソロモン・バークらの作品を送り出してきた「ANTI-」レーベルからのリリースだ。

 

トランペット、サックス、バスクラリネット、チェロ、ストリングスなど、多くの楽器が絡まり、ヴォーカルやラップも加わる。

曲ごとに表情は変わるが、これらの楽器を包み込むかのような、アルファ・ミストのフェンダー・ローズの音は、通底している。

決して派手ではなく、むしろ控えめだが、ヒップホップのトラック・メイキングに似た心地よい空気感は絶妙。

録音、ミックスも素晴らしく、音の粒立ちが素晴らしい。

イマドキのロンドンのジャズを聞きたいと言われたら、これを差し出せばいい、そんな作品だ。

 

 

Alfa Mist – electric piano, synth
Kaya Thomas-Dyke - Bass (1-7), Vocals (2)
Jamie Leeming - Guitar (1-7, 9)
Junior Alli Balogun - Percussion (1-6)
Jamie Houghton - Drums (1-4, 6,7)
Johnny Woodham - Trumpet/Flugel (1,3-7)
Sam Rapley - Sax/Bass Clarinet (1,4-7)
Peggy Nolan- Cello (2,5,6,8)
Richard Spaven - Drums (9)
Rocco Palladino - Drums (9)


1.Teki
2.People (feat. Kaya Thomas-Dyke)
3.Mind The Gap (feat. Lex Amor)
4.Run Outs
5.Last Card (Bumper Cars)
6.Coasting
7.Attune
8.Once A Year
9.Organic Rust

<了>

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら