おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

ロバータ・フラックのデビューアルバム、デラックスエディションがサブスクに

 

 

いやはや、これがサブスクで聞けるとは、なんと喜ばしいことか。

ロバータ・フラックが1969年にリリースしたデビューアルバム『ファースト・テイク』のデラックス・エディションである。

私が最も好きな女性シンガーで、日本では「やさしく歌って」ばかりがやたらと有名だが、デビュー当時からその才能は傑出していた。

といっても、私も当時はまだコドモであって、大学に入ったころに初めて聞いたのだが、気品と色気が絶妙に混ざりあった歌と演奏に、どはまりしたものだ。

デビューアルバムといっても、彼女はすでに30歳を過ぎていて、決して若かったわけではない。
ナイトクラブなどでキャリアを重ねて、ようやくデビューを果たしたそうな。

そして、のちにこのアルバムは名盤としての評価が定着するが、リリース当初はそうでもなかったらしい。

まあ、地味と言えば地味だし。

だが、このアルバムに収録された「The First Time Ever I Saw Your Face(愛は面影の中に)」が、2年後にクリント・イーストウッドの初監督映画『恐怖のメロディ』で使われることになった。

車を運転中、ラジオでこの曲を聞いたクリントが気に入り、直接ロバータ・フラックに電話したそうな。

この映画をきっかけにして注目が集まり、なんとこの曲は1972年の全米年間チャートで1位を記録するほどのメガヒットになった。

合わせてこのアルバムも、一気に売れて、評価も高まったというわけだ。

まったく、何がどう転ぶかわからない。

で、リリースから50周年の2019年にデラックスバージョンが企画されたのだが、何の理由からか遅れて、2020年夏にリリース。

f:id:bakoji:20210308225528j:plain

この手のデラックス盤にありがちなように、フィジカルのみ(2CD+1LP)

海外サイトへのオーダーでしか手に入らなかったので、躊躇したままになっていた。

それがなんと2021年2月にサブスクで聞けるようになったのだ。

オリジナル8曲に、「愛は面影の中に」のシングルバージョンなどのボートラ数曲。

さらに、未発表デモ音源が10曲以上もあって、全24曲。

デモといっても、彼女の歌世界はやはり圧巻。

かのマーヴィン・ゲイの「Ain't No Mountain High Enough」もやっていて、聴きごたえがありまくり。

ほんとに良く出してくれたものだと思う。

もう80歳代の半ばだから新作やコンサートは望めないだろうけれど、お元気でいていただきたい。


Roberta Flack - “Hush-A-Bye” from FIRST TAKE: 50th Anniversary Edition

 

<了>