おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

【AOR】スティーリー・ダンのフォロワーたち #13 AOR / エヂ・モッタ Ed Motta (2013)

AOR

AOR

Amazon

 

ブラジルのグルーヴ・マスター、エヂ・モッタの2013年作。

日本のAORファン、特にウエストコースト系を愛好する人々を狂喜乱舞させた一枚。

1990年代から活動していたが、日本でも広く知られるようになったのは、この作品からだ。

私とて、あるレコメンドを参考にしてはじめてこのCDを目にしたとき、夜道ではあまり会いたくないような風貌を見て「これホントにAORなのか?このタイトルはジョークじゃないのか?」と訝しんだものだ。

 

しかし実際に聞いてみると、その声はとことんメロウで爽やか。

サウンドも、スティーリー・ダンを、もうちょっとスウィートにしたかのようで、きわめて洒脱で洗練度が高く、耳馴染みがいい。

ミュージシャンの大半がブラジル現地の人のようだが、スペシャル・ゲストとしてデヴィッド・T・ウォーカーとブルーイが参加しているのにも注目。

「ああこのジェントルなギターはデヴィッド・Tみたいだなぁ」と思って聞いていたら、本人だと知ってびっくりするやら嬉しやら。

 

スティーリー・ダンのフォロワーと、2010年代のAORを語る上で、絶対に外せない一枚だ。

 

 

<了>