おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

【AOR】スティーリー・ダンのフォロワーたち #9 OLE BORUD「SHAKIN' THE GROUND」

 

オーレ・ブールードはノルウェーのハーマル出身。

ゴスペル一家に生まれ、5歳から兄姉とのファミリーバンドで歌い始め、16歳の時にはプロのミュージシャンとして活動していたという。

プログレメタルバンドExtolのメンバーとして北欧では知られた存在だったそうだが、ソロデビュー時のサウンドは、少年時代から親しんでいたというポップロック、AOR色の濃いものとなった。

影響されたアーティストとして、ペイジス、プリンス、クインシー・ジョーンズ、スティーヴィー・ワンダー、スティーリー・ダン、ジノ・ヴァネリ、TOTOあたりの名を上げており、なるほど確かにその影響が伺えるサウンドデザインだ。

とはいえ、2002年リリースのファースト『Chi-Rho』はばハードなポップが基調で、ボン・ジョビやミスター・ビッグをちょっと柔らかくした感じ。
完成度はなかなか高いがAORファンが好むかというと、やや微妙だ。

Chi-Rho

Chi-Rho

  • アーティスト: Ole Børud
  • 出版社/メーカー: Master Music
  • 発売日: 2002/05/15
  • メディア: MP3 ダウンロード

 

しかし、2008年のセカンド『SHAKIN' THE GROUND』は、ファンクテイストのAORが満載。
ジャミロクワイ、ペイジズ、ビル・チャンプリンあたりを思わせるサウンドが、日本のAOR愛好家のなかでも注目されはじめた。

このころはファーストはあまり知られておらず、私もそうだが、この『SHAKIN' THE GROUND』で彼を知った人が多いようだ。

翌2009年には日本盤もリリースされたのだが、なんとオリジナルとは曲順が違う。
オリジナルはファンキーな曲からはじまって後半メロウな曲が展開するのだが、日本でのリリース元はAOR路線でセールスしたかったようで、メロウな曲が前半に来ている。

シェイキン・ザ・グラウンド

シェイキン・ザ・グラウンド

  • アーティスト: オーレ・ブールード
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジアゲインアソシエイション
  • 発売日: 2009/03/04
  • メディア: CD

そんなんありか、とも思うが、とにかく完成度は非常に高く、捨て曲ナシ。
Amazonのレビューに「AORのおいしい部分を濃縮」というコメントがあったけれど、まさにそんな印象だ。


このブログのテーマであるスティーリー・ダンのフォロファーぶりでいえば、この曲などは、なかなかのものだ。


 

彼は以後、2枚のアルバムをリリースしているので、追って紹介したい。

 

<了>