おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】世界最高峰のジャズ・ハーモニカがここに Plural / Gabriel Grossi (2022)

プルーラル / ガブリエル・グロッシ

Plural

Plural

  • Audio Porto
Amazon
 

 

現代ジャズ・ハーモニカの最高峰、ブラジルのガブリエル・グロッシ(Gabriel Grossi)。

13枚目のリーダーアルバムとなる本作は、キャリア25周年を記念するもの。

リリース日の2022年4月29日は、ジャズ・ハーモニカのマエストロ、トゥーツ・シールマンスの生誕100周年という記念すべき日だ。


25周年というアニバーサリーだからか、世界各地から超一流のゲストを招いている。

キューバの名ピアニスト、オマール・ソーサ(Omar Sosa)
イギリスのテナーサックス奏者シーマス・ブレイク(Seamus Blake)とマルチ奏者ジェイコブ・コリアー(Jacob Collier)
イスラエルのクラリネット奏者アナット・コーエン(Anat Cohen)
などなど

AORファンなら知らない人はいない、エヂ・モッタ(Ed Motta)がヴォーカルで参加しているのもびっくり。ブラジルの同胞なのだから、接点があっても不思議ではないけれど。


そもそも、ハーモニカという楽器は、さほど音量はないし、音色の幅も限られる。

それでも、ガブリエル・グロッシは、これだけの辣腕を迎える中でも、圧倒的な存在感を示す。

特に「Hermanos」での、7弦ギタリスト、ヤマンドゥ・コスタ(Yamandu Costa)との超絶技巧の応酬は圧巻のひとこと。

ひとつの楽器を極めることの凄みを思い知らされる一枚だ。

 


Gabriel Grossi – harmonica
Eduardo Farias – piano, Fender Rhodes
André Vasconcellos – bass
Xande Figueiredo – drums
Rafael dos Anjos – guitar (3)
Rogério Caetano – 7 strings guitar (3)
Marcelinho Moreira – percussion (3)
Rodrigo de Jesus – percussion (3)
Jurandir Santana – guitar (4)
Amoy Ribas – percussion (4)
Juan Barbin – percussion (4)

Guests :
Jacob Collier – voice (1)
Seamus Blake – tenor saxophone (1)
Lenine – vocal (2)
Zélia Duncan – vocal (3)
Omar Sosa – Fender Rhodes (4)
Yamandu Costa – 7 strings guitar (5)
Ed Motta – vocal (6)
Anat Cohen – clarinet (7)
Eduardo Farias – piano (8)
Leila Pinheiro – vocal (9)
Hermeto Pascoal – piano (10)


1 Motion(feat. Seamus Blake)
2 Chamego no Salão(feat. Lenine)
3 Nosso Amor Vadio
4 Banzo(feat. Omar Sosa)
5 Hermanos(feat. Yamandu Costa)
6 Onde Nascem As Ondas(feat. Ed Motta)
7 Paisagem(feat. Anat Cohen)
8 Botero(feat. Eduardo Farias)
9 Nossa Valsa(feat. Leila Pinheiro)
10 Catarina e Teresa(feat. Hermeto Pascoal)

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら