おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】トロントの人気インスト・バンドのジャンルレスな新作 Talk Memory / BADBADNOTGOOD (2021)

トーク・メモリー / バッドバッドノットグッド

Talk Memory

Talk Memory

  • XL Recordings
Amazon

トロント出身の3人組、バッドバッドノットグッド(BBNG)の、5年ぶりとなるニューアルバム『Talk Memory』がリリース。

BBNGは、同じ大学で出会ったメンバーらで結成され、数々のアーティストとのコラボしながら、キャリアを重ねてきた。

その共演者の顔ぶれが凄い。

タイラー・ザ・クリエイター、サンダーキャット、フランク・オーシャンからスヌープ・ドッグ、ブーツィー・コリンズなどなど、昨今のジャズ、R&Bシーンのキーパーソンがずらり。

 

ものすごく大雑把に彼らの音楽性を言うと、ヒップホップテイストのジャズインストである。

あれほどの共演者が名を連ねるくらいだから、当然センスはいい。イマドキ感あふれるサウンドデザインである。

ただ、今回のアルバムは、これまでのとはちょっと毛色が違う。

過去の作品は、いわゆる宅録的な手法で練られたような印象のものが多かったが、そうした味わいを残しつつ、ライヴ感のある演奏が増えている。

楽曲は、サイケジャズぽものあり、エレクトロニカぽいのもあり、ブラジルぽいものあり、現代音楽ぽいものありと多種多様。

参加ミュージシャンもやたらと多いが、さまざまな音のレイヤーを重ね絡ませる技こそが、彼らの真骨頂なのだ。

 


01. Signal From The Noise
02. Unfolding (Momentum 73)
03. City Of Mirrors
04. Beside April
05. Love Proceeding
06. Open Channels
07. Timid, Intimidating
08. Beside April (Reprise)
09. Talk Meaning

<了>

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら