おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】井上淑彦の作品を抑揚の深いソロピアノで PROLOGUE Plays Toshihiko Inoue / 田中信正 (2022)

 

PROLOGUE Plays Toshihiko Inoue

PROLOGUE Plays Toshihiko Inoue

Amazon

井上淑彦は10代でデビューし、森山威男との共演などで知られるサックスプレイヤー。

長く日本のジャズシーンの最前線で活動していたが、2015年3月、惜しくも病気のため永眠した。

その井上と長く活動を共にしてきたピアニスト田中信正が、井上の作曲作品をソロピアノで演奏したのがこのアルバム。(2曲は田中のオリジナル)

実は私は、これまでこの二人の活動を追いかけていたわけではないのだが、NHK-FMの「ジャズトゥナイト」で案内役の大友良英が採り上げているのを聞き、耳を奪われた。

コンセプトの明確なアルバムの、それもソロピアノだから、あまり語ることはないのだが、とにかく曲が美しいし、コクのある音、陰影の深い演奏が素晴らしい。

 

1 Prologue (Nobumasa Tanaka)                
2 Stone (Toshihiko Inoue)                
3 Fireworks (Toshihiko Inoue)                
4 ♯6 (Toshihiko Inoue)                
5 Who is it? (Toshihiko Inoue)                
6 間奏曲 (Nobumasa Tanaka)                
7 Flower snow (Toshihiko Inoue)                
8 冒険 (Toshihiko Inoue)                
9 わたすげ (Toshihiko Inoue)                
10 Retrospection (Toshihiko Inoue)                
11 Gratitude (Toshihiko Inoue)                
12 North rider (Toshihiko Inoue)

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら