おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

西城秀樹さんと、西田ひかるさんと、スティービー・ワンダー氏の話

本日5月13日は、スティービー・ワンダー氏の誕生日である。

71歳になったそうだ。

というわけで、この記事を書いているのだが、

「西城秀樹さんと、西田ひかるさんと、スティービー・ワンダー氏の話」

このタイトルだけで「ああ、その話ね.....」と3人のつながりがわかる方には
「いまさら、すみません!」というしかない。

「どおゆうこと?」という方は、どうぞお読みください。

 

まず、スティービー・ワンダーについて多くを語る必要はないだろう。

ヒット曲、ヒットアルバムは数しれず。

グラミーの受賞は20回以上にもなる。

アルバムは2005年の『タイム・トゥ・ラヴ』以降出ていないが、2020年秋には新曲2曲を公開した。

「Where Is Our Love Song」と「Can't Put It In The Hands Of Fate」である。

 

スポンサーリンク

 

 

 

さて、このスティービーが79年に発表した作品を西城秀樹さんがカヴァーしている。

これはキャリアのある秀樹ファンなら誰でも知っている話。

1980年3月にリリースされた32枚目のシングル「愛の園」がそれだ。

 


アレンジは坂本龍一さん、シンセサイザープログラマーが松武秀樹さんと、超一流のクリエイターが参加していることも忘れてはならない。
制作には相当にチカラが入っていたのだろう。

ワイルドで情熱な秀樹さんのイメージから離れて、人柄がにじみ出た優しい歌が魅力だ。

おとなしく地味な曲ではあるが、オリコンでは7位まで上がっている。

 


で、スティービー・ワンダーのオリジナルのタイトルはというと
これが「Ai No, Sono」なのである。英語じゃないのだ。

アルバム『シークレット・ライフ』に収められた一曲で、シングルカットはされていない。


この曲はスティービー・ワンダーは歌っておらず、インストのあと児童合唱団が歌っているのだが、その中の一人に、当時アメリカに在住していた西田ひかるさんがいたのだ。

西田さんは72年生まれだから、7歳くらいのはず。

もちろん将来芸能界に入ることなど、本人もご家族も考えていなかっただろうけれど、1988年にデビュー。歌やミュージカル、司会などで大活躍する。

 

秀樹さんと西田さんは、その後NHKの番組「青春のポップス」で一緒に番組の進行を担当した。

1998年4月から2002年3月までの放映期間中、秀樹さんはずっと司会を担当。

森口博子さん、早見優さんに続く3人目の女性アシスタントが西田さんだった。

番組の映像がある。マンハッタンズの「シャイニング・スター」を紹介。名曲中の名曲。


 

西田さんは、秀樹さんを追悼した自身のブログ記事に、その番組で撮った二人の写真を載せている。

 <了>

 

このブログにある西城秀樹さん関連記事はこちら