おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】ボブ・ジェームスが20代のDJとコラボ 2080 / Bob James、Sam Franz (2022)

2080 / ボブ・ジェームス、サム・フランツ

2080

2080

Amazon

 

2080って、描こうとしている未来世界のことだと思ってたら、それもあり、さらに二人の年齢をかけ合わせた数字らしい。

二人とは、スムース・ジャズの巨匠ボブ・ジェームスと、20代のDJ/エレクトロニックアーティストであるサム・フランツ。

どんな仕上がりになるのか、見当がつくようでつかないが、冒頭は、かなり強烈なポスト・インダストリアル調の音が鳴り響き、びっくりする。

全体を通して、イマドキのエレクトロニカに寄ったサウンドデザインで、ところどころボブ・ジェームスらしい、ジェントルなメロディラインが顔を出すものの、数は少なめ。

二人は「まるで映画のサントラを創るように制作した」と語っているそうで、たしかに曲構成にスケール感があり、物語性も感じられるが、これまでのボブ・ジェームスのイメージを期待していると、聞くのはなかなかしんどい。

80歳を過ぎての野心的な試みには拍手を送るが、これを彼の代表作と捉えることは、私にはできない。

 


1.Starless Vault of Heaven
2.See Ya (Broken Break)
3.Atsuko's Arcade
4.This Theme Needs a Movie
5.Polar Tangents (Nothing but Shining)
6.(Intermezzo) Letter B
7.Brew This Again and Again
8.A Final Apology

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら