おとのほそみち Jazz and More

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】Dealin' Wid It / Bill Heid (2022)

 

Dealin' Wid It

Dealin' Wid It

Amazon

ベテランのオルガニストによるブルージーな一作

ビル・ハイドはペンシルヴァニア州、ピッツバーグ出身、1948年生まれ。

ドン・パターソンに魅せられ16歳でプロのオルガン奏者として活動をスタート。

40年以上の活動歴を持つ、ベテランである。

白人でありながら、アフリカン・アメリカンぽい、ファンキーな演奏が持ち味。

本作は、2015年の前作以来、7年ぶりのリーダーアルバムである。

基本にあるのはブルースで、良い意味で肩のチカラが抜けたスインギーなアンサンブルを聴かせている。

ギターのペリー・ヒューズは、ボブ・ジェームスらとの活動歴があるベテランで、バックのカッティングも良いグルーヴだし、歌心のあるソロも良い。

このアルバム、決してイマドキの音楽とは言えないが、アメリカでは根強い人気があるようで、JAZZ WEEKでは週間チャートでベスト20に入っている。

 

Bill Heid - Hammond organ, vocals
Perry Hughes – guitar 
Randy Gelispie – drums
Kevin “Bujo” Jones – percussion

<了>

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら