おとのほそみち Jazz and Good Music

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】Moon Day / Binker Golding (2021)

ムーン・デイ / ビンカー・ゴールディング

Moon Day

Moon Day

  • Byrd Out
Amazon

 

UKフリー・ジャズ界のベテランと吹き込んだ即興作品


ザラ・マクファーレン作品やビンカー&モーゼスでの活動で注目を集めてきた、サックス奏者のビンカー・ゴールディング。

次世代UKジャズのキーパソンと目される彼は、2019年に初のリーダーアルバム『Abstractions Of Reality Past And Incredible Feathers』をリリース。

そこでは少しスピリチュアル風味のあるコンテンポラリーな作品を提示したわけだが、本作はうってかわって、強烈なフリー、有無を言わせぬ即興。

ジョン・エドワーズ、スティーブ・ノーブルというUKフリーのベテランとのトリオ編成で、非常に密度の濃い演奏を聴かせている。

高い沸点で吹きまくる時間もあれば、ほとんど無音のような瞑想的な時間も。

それに呼応するリズム隊の二人の演奏も非常にスリリングで、特にジョン・エドワーズのピチカートには息を呑む。

決して聞きやすい作品ではないが、イマドキのフリーを堪能したい方はぜひ。

 

Binker Golding - Tenor & soprano saxophones
John Edwards - Double Bass
Steve Noble - Drums

<了>

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら