おとのほそみち Jazz and Good Music

行きかふ歌も又旅人也


山下達郎サンデーソングブック2022年4月10日『リクエスト特集』

曲の紹介部分を要約して記載しています(青文字は書き起こし)。ネットに音源があるものは貼り付けていますが、必ずしもオンエアされたものと同じではありません。

1. OPPRESSION BLUES(弾圧のブルース) / 山下達郎 
2. WHY DON'T WE FALL IN LOVE / JOHN VALENTI "ANYTHING YOU WANT" '76
3. KEEPIN' LOVE NEW / HOWARD JOHNSON '82
4. THE DREAM OF KINGS / FRANKIE VALLI "THE DREAM OF KINGS" '69
5. THE ONE YOU LOVE / GREN FREY '82
6. SECRET LOVE / DORIS DAY '54
7. THANK YOU MR. MOON / THE BLUE SONNETS '63
8. 蒼氓 / 山下達郎 "僕の中の少年" "オーパス" '88


私、6月22日にニューアルバム、実に11年ぶりのニューアルバム『SOFTLY』が発売になりますので、そろそろ取材が始まりす。
5月からライブのリハーサルも始まりますので、それの前にできることはやってしまおうと。
いよいよ忙しくなってまいります。

そんなわけで番組の方も、ずーっとリクエスト特集でお届けしております。
3月13日から連続5回、今週もリクエスト特集。
ですけどもですね。
週を重ねるごとにジワジワとですね、また一段と数が増えてまいりました。
うれしい悲鳴でございます。
昨日リストアップしたら六十何曲でてきまして、それをリマスターして、いくつまでいけるかなんて、そういうことやってると朝を見るという。

それに重ねまして、お便りの内容がですね、昔よりは質感が若干変わってきたという。
それからリクエストいただく曲もですね、だんだんエグくなってきた、いろいろ重なりあっております。
本日いただいたリクエストは、私、30年近くこの番組やっておりますけども、番組で初めてかける曲がほとんどだと。
逆に言うと、ありがたい。
リクエストいただいたけど、かけない番組(笑)
本日も最高の選曲と最高の音質で、1曲でも多く、1枚でも皆様のおたよりにお応えしてまいりたいと思います。

ここんとこ、ずーっとおかけしております、6月22日発売ニューアルバム『SOFTLY』に収録されております「Oppression Blues」
別に今の時代を予見して作ったわけでも、なんでもないんですけども、たまたま、そういうことになってしまいましたので、ずーっと先行してお聴きを頂いております。
この曲、日本語で歌っておりますけれども、英訳等のものをネットにアップしていく予定でございますので、またお聴きを頂ければと思います。
ニューアルバム『SOFTLY』に収録されております「Oppression Blues」

OPPRESSION BLUES(弾圧のブルース) / 山下達郎


まずは、ジョン・バレンティ。シカゴ生まれ。
ドラマーでスタートしたけれど、歌が歌いたくて、ひじょうにスティービー・ワンダーに影響を受けた人なので、日本では「白いスティービー」とキャッチフレーズがついていた。
1976年に出したアルバム『ANYTHING YOU WANT』の同名のシングルカットされた曲が全米で37位。この一発だけチャートに入った。
このアルバムの中から「WHY DON'T WE FALL IN LOVE」にリクエスト。
WHY DON'T WE FALL IN LOVE / JOHN VALENTI 


次もブラコン関係。
ハワード・ジョンソン、よく聞いたなあ。
1982年のアルバム『KEEPIN' LOVE NEW』はプロデュースド・バイ・カシーフ。
アルバムのタイトル・ソングで全米ソウル・チャート47位の「KEEPIN' LOVE NEW」。
マイアミの人で元ナイトフライトのメンバー。のちにソロになった。
KEEPIN' LOVE NEW / HOWARD JOHNSON


フランキー・ヴァリでいちばんレアな一曲「A DREAM OF KINGS」。
1969年の同名の映画、アンソニー・クイン主演の『A DREAM OF KINGS』、邦題は『オリンポスの詩』。
その主題歌。たぶん未CD化だと思うが、オリジナルサウンドトラックから。
THE DREAM OF KINGS / FRANKIE VALLI 

 

 


イーグルスのグレン・フライ。
1982年のアルバム『NO FUN ALOUD』からのシングル・カットで全米15位のヒット「THE ONE YOU LOVE」。
THE ONE YOU LOVE / GREN FREY 


ドリス・デイの「SECRET LOVE」、古いところが来た。
私の生まれた1953年の映画『カラミティ・ジェーン』。
ドリス・デイのヒット作で、主題歌がシングル・カットされて、1954年に全米NO.1。
アカデミーのソング・オブ・イヤーにも輝いた有名な曲。
SECRET LOVE / DORIS DAY


ブルース・ソネッツはニューヨークのホワイト・ドゥー・ワップ・グループ。
1963年のシングル「THANK YOU MR. MOON」はフェルドマン、ゴールドスタイン、ゴッテラー、すなわちイースト・コーストのストレンジラヴスの作曲家チームの作品。
彼らのプロダクションによるシングルで、1963年だから、ホワイトドゥワップの末期に差し掛かっている。
コロンビアから発売。トーケンズ、フォー・シーズンズを多分に意識したサウンドになっている。
1962年にブルックリンで結成されたグループだと考えられる。
THANK YOU MR. MOON / THE BLUE SONNETS

 

 というわけで、今日の最後は、おなじみ「蒼氓」

蒼氓 / 山下達郎

<了>