おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

山下達郎サンデーソングブック 2021年3月28日『棚からひとつかみ+リクエスト』

達郎氏による曲の解説部分を要約して記載しています。ネットに楽曲データがあるものは張り付けていますが、オンエアされた音源とは異なる場合が多々あります。
----------------------------------------------------------

1. LET'S KISS THE SUN (LIVE) / 山下達郎 "13/12/24 中野サンプラザ"
2. WHENEVER YOU'RE READY / THE ZOMBIES '65
3. I BELIEVE IN MIRACLES / THE JACKSON SISTERS '73
4. I'M JUST A PRISONER (OF YOUR GOOD LOVIN') / CANDI STATON '70
5. I TOUCHED A DREAM / THE DELLS '80
6. MAKE IT LAST / THE STYLISTICS "ROCKIN' ROLL BABY" '73
7. 明日の私 / 竹内まりや "ターンテーブル" "インプレッションズ" '94


リスナーからの『三十数年前の私たちの結婚披露宴で使わせていただいた達郎さんの「愛を描いて -Let's Kiss The Sun- 」を』というリクエストに答えて。
1979年のシングルだが、今日はライブバージョンをオンエア。
2013年12月24日、中野サンプラザ。

LET'S KISS THE SUN (LIVE) / 山下達郎

 

WHENEVER YOU'RE READY / THE ZOMBIES 

大好きなゾンビーズ。1965年の「WHENEVER YOU'RE READY」。
アメリカでもイギリスでもチャートには入らなかったが素晴らしい一曲。
B面は有名なカーナビーツの「好きさ好きさ好きさ」の元曲「I LOVE YOU」。


I BELIEVE IN MIRACLES / THE JACKSON SISTERS 

ジャクソン・シスターズはジャクソン5とは何の関係もないが、ウエストコースの姉妹の5人組ヴォーカル・グループ。
ジャクソン5を見つけたボビー・テイラーが見つけてきたグループで、一曲だけヒット曲がある。1973年、全米ソウル・チャート89位「I BELIEVE IN MIRACLES」。
これの入っているアルバムは一時期すごくレアだったが、いまはCDも出ている。
生まれてはじめてかけるのでは。
ドラムは、この時代だとエド・グリーン。すごいドラム。


I'M JUST A PRISONER (OF YOUR GOOD LOVIN') / CANDI STATON 

キャンディ・ステイトンはサザン・ソウルの重鎮。
フェーム時代の名曲「I'M JUST A PRISONER (OF YOUR GOOD LOVIN')」
1970年、全米ソウル・チャート13位、全米56位の名唱。


I TOUCHED A DREAM / THE DELLS 

お知らせ前のシカゴ・ソウルも3週目に突入。今週はザ・デルズで。
シカゴを代表するヴォーカル・グループ。
大好きな Chi Sound時代のやつで。
1980年、全米ソウル・チャート17位「I TOUCHED A DREAM」。
とっても悲しい失恋の歌だけれども、リードのマーヴィン・ジュニアの絶唱が素晴らしい。
ユージン・レコードの作詞作曲、プロデュース。


MAKE IT LAST / THE STYLISTICS 

こういうご時世なのでスイート・ソウルものにたくさんリクエストが来ている。
特にスタイリスティックスが多い。
1973年のアルバム『ROCKIN' ROLL BABY』から「MAKE IT LAST」。
トム・ベル、リンダ・クリードの素晴らしい作品。

 

明日の私 / 竹内まりや 

毎年、年度終わりのこの時は、竹内まりやさんの「明日の私」という94年のシングル。
この曲は、いわゆる平時の曲で、田舎から東京に仕事で上京してくる人たちの歌。
去年、今年は、状況が変わったが、将来への夢というか、そういうのを歌った気持ちには変わりがないので、今年度の最後もこれで。

<了>