おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

【AOR】グルーヴィン・ユー / ハーヴィー・メイソン (1979)

 Groovin' You / Harvey Mason

Groovin' You: Expanded

Groovin' You: Expanded

Amazon

 

ジャズ・フュージョン界、屈指のドラマーとして名高いハーヴィー・メイソン、1979年のアルバム。

リーダー・アルバムとしては、これが4枚目になる。

彼は1947年の生まれなので、このとき30過ぎ。

まだまだ若手の年齢ではあるが、20歳代半ばにしてハービー・ハンコックのグループに参加していた天才肌だから、このときにはすでにドラマーとして確固たるポジションにあった。

その事実を裏付けるかのように、参加メンバーがすごい。

リー・リトナー
リチャード・ティー
エリック・ゲイル
デヴィッド・スピノザ
ジェイ・グレイドン
ボブ・ジェームス
レイ・パーカーJr.
デイヴィッド・フォスター
スティーヴ・ルカサー
スタンリー・クラーク
ラルフ・マクドナルド........

当時のフュージョンオールスターズといっても過言ではない。

主たるレコーディングスタジオはカリフォルニアだが、東海岸のStuffのメンバーも参加している。

その音を端的にいうなら、ファンキーなテイストのAOR。

インストばかりかと思いきや、ヴォーカル曲がメインで、大半をハーヴィー自身が歌っている。

楽曲の水準はどれも高い。

冒頭の2曲はイキの良いファンクチューンで、半ばにメロウな楽曲を配し、後半は徐々にクールダウンしていくという、アルバム全体の流れも良い。

再評価されてしかるべき作品。

2011年には「Expanded Edition」がリリースされ、
ヒットシングル「Groovin' You」のUK/US12インチヴァージョン、シングルヴァージョンの2曲が追加収録された。

 

 

<了>