おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


スウィング・アウト・シスター(Swing Out Sister)「Am I the same girl」のオリジナル「Soulful Strut」について。

スウィング・アウト・シスター(Swing Out Sister)の1992年のヒット曲で、洋楽ファンでなくても、当時ラジオなどでかかりまくっていたことをご記憶の方は多いだろう。


Swing Out Sister - Am I the same girl (ao vivo/live)

 

思わずステップを踏みたくなるような、軽やかなファンクチューン。

だがこれは、スウィング・アウト・シスターのオリジナルではない。

この曲の作者は1972年の全米ナンバーワンヒット「Oh, Girl」で有名なシャイ・ライツのリードボーカル、ユージン・レコード(Eugene Record)とソニー・サンダース(Sonny Sanders)。

最初にレコーディングしたのはユージン・レコードの奥さんであるバーバラ・アクリン(Barbara Acklin)。
68年にR&Bチャート3位のヒットシングル「Love Makes a Woman」を放ったシンガーだ。

同じ68年に彼女は「Am I The Same Girl」をレコーディングしたのだが、すぐにはリリースされなかった。

この歌のプロデューサー、カール・デイヴィス(Carl Davis)は、バーバラの歌を消して、歌メロををピアノ演奏にしたヴァージョンを制作しちゃったのだ。

「インストにしたらいける!」というひらめきがあったのだろうか、このヴァージョンは「Soulful Strut」というタイトルでリリースされる。

演奏したのはヤング・ホルト・アンリミテッド(Young-Holt Unlimited)。

Chessの看板バンド、ラムゼイ・ルイス・トリオのメンバーだったエルディー・ヤング(b)とアイザック・”レッド”・ホルト(ds)が66年に独立して結成したユニットだ。

ちなみに2人が脱退したあとラムゼイ・ルイス・トリオに加入したのが、のちにアース・ウインド&ファイアで大成功をおさめるモーリス・ホワイトである。


Young-Holt Unlimited "Soulful Strut" 1968 HQ

 

演奏したのは~、と書いたけれど、実際にはエルディー・ヤングとアイザック・ホルトではなく、スタジオミュージシャンによるものでは、と言われている。

しかしこれがなんと68年に、全米R&Bチャート3位、全米チャートも3位という大ヒットを記録。ミリオンセラーになった。

カール・デイヴィスの目論見は、見事に当たったわけだ。

そして、そもそもこの曲歌うはずだったバーバラ・アクリンも69年にリリース。

このときのタイトルが「Am I The Same Girl」で、全米R&Bチャート23位、全米チャート79位。

「Soulful Strut」には及ばないものの、そこそこのヒットになった。


Barbara Acklin - Am I The Same Girl


そして、92年にスウィング・アウト・シスターがカバーし、ヒットさせる。

良い曲は歌い継がれる、その典型のような一曲だ。

BPMはどれもほとんど同じ。このテンポ、このグルーヴが、この曲の命ということだろう。

なお、イギリスの女性歌手ダスティ・スプリングフィールド(Dusty Springfield)も、69年にカバーしていて、こちらもなかなか良い出来栄えである。


Dusty Springfield-Am I the same girl..

 <了>