おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

山下達郎サンデーソングブック 2020年09月06日「残暑リクエスト大会」書き起こし

オンエアされた曲に関する達郎氏のコメントを書き起こしています(一部要約あり)。インフォメーションやリスナーからのメッセージは割愛しています。リンクを張っている音源は、オンエアされた音源とは異なることが多々あります。

----------------------------------------------------------------------------

1. SEPTEMBER / 竹内まりや '79
2. COME ON, LET'S GO / THE ROGUES '65
3. DON'T ASK ME WHY / ALZO "ALZO" '72
4. LOVE AIN'T GONNA RUN ME AWAY / LUTHER INGRAM '73
5. SEPTEMBER WHEN I FIRST MET YOU / BARRY WHITE '78
6. I WISH YOU LOVE / BLOSSOM DEARIE '64
7. さよなら夏の日 / 山下達郎 '91


今年の夏は、いつものようにリクエスト大会ができませんでしたので、今日は、残り物には福で『残暑リクエスト大会』そんな命名で。
なんでも、かんでも命名すればいいという、そういう感じでございますが。
(接近中の)台風が心配ですので、ほんとはですね、残暑なのでイケイケでいこうと思ったんですけど、ちょっとおとなしめに。
少し心が休まる感じを目指して、今日は選曲をしてみました。
わりと渋いリクエストたくさんいただいておりますので、皆様のリクエストとお便りに助けられまして、日曜日の午後のひと時。
台風の心配なときですけれども、台風、台風、飛んでけという気持ちを込めまして、山下達郎サンデーソングブック、本日もお届けしたいと思います。
9月に入りましたので「セプテンバー」のリクエスト、たくさんいただいております。
先週は、8月でしたので、まだかかりませんでした。

SEPTEMBER / 竹内まりや


 

 

COME ON, LET'S GO / THE ROGUES


まずはザ・ローグス。
しかしてその実態は、ブルース・ジョンストンとテリー・メルチャーの幽霊グループです。
ブルース&テリーと同時期ですが、この当時はこういうでっち上げグループで、少しでもヒットを狙おうと乱発するという。
粗製ではないですが乱造。
リッチー・ヴァレンスの1958年のヒット曲のカヴァー「COME ON, LET'S GO」
プロデュースはテリー・メルチャー。
テリー・メルチャーは2004年に亡くなってしまいました。
ハル・ブレインのドラムが炸裂しております。
ROGUE、まあ悪党ですから、悪党たちと。日本で言えばヤンキーとかそういうグループ名なんで、そりゃヒットしませんわね。

スポンサーリンク

 

 

次はアルゾ・フロンテというシンガーソングライターですけど、色々曲折を経まして、1972年にアルバムを出します。
12弦ギターを弾きながらですね歌う、とっても素敵なアルバムでございますけど、全くヒットしませんでした。
私の仲間内で、みんなで聴いておりまして、皆の努力でですね、日本でCD化されまして、日本ではかなりの名盤として知られております。
この人も2004年に亡くなってしまいましたけども、作品は永久に残ります。
アルゾ・フロンテの1972年のアルバムから。

DON'T ASK ME WHY / ALZO


プロデュース&アレンジはボブ・ドロー。
素晴らしいオーケストレーションです。


お次は渋いところで、ルーサー・イングラム。
南部出の人ですが、デトロイト、シカゴあたりでちょっとやって、また南に戻ってきて、名作がたくさんございます。
一番有名なのは、天下の不倫ソングといわれる「If Loving You Is Wrong」というのがありますが、僕はこれが一番好きな一曲です。
1973年、全米ソウル・チャート23位の「LOVE AIN'T GONNA RUN ME AWAY」。
ひじょうに特徴のある歌い方をする人であります。

LOVE AIN'T GONNA RUN ME AWAY / LUTHER INGRAM

スポンサーリンク

 

 


9月ですので、SEPTEMBERとかの入ったタイトルの曲をたくさんリクエストいただきます。
竹内まりやさんをはじめ、アースの「SEPTEMBER」とか、たくさんございます。
渋いところにリクエストが来ました。
バリー・ホワイトの1978年のアルバム『THE MAN』はプラチナアルバムです。
日本ではあまり知られてないですし、CD化されてないと思います。
この曲もアルバムの中だけですが、とても渋い曲です。
「SEPTEMBER WHEN I FIRST MET YOU」、私があなたと会った9月、良いタイトルですね。

SEPTEMBER WHEN I FIRST MET YOU / BARRY WHITE

 

今日はやさしい曲にしようと思ったら、珍しいところにリクエストいただきました。
ブロッサム・ディアリー、はじめてじゃないかな、僕の番組では。
ニューヨーク生まれなんですが、フランスでの活動が長い人で、たいへんジャズの人なんですけれども、かわいい声をしている方でですね。あの、和みます。
1964年のアルバム『MAY I COME IN ?』というキャピトルから出たアルバムに入っています「I WISH YOU LOVE」。
この曲もフランス製のスタンダード・ナンバーで、それに英語の詞が付いています。
とってもキュートな一曲です。

I WISH YOU LOVE / BLOSSOM DEARIE

 

で、先週終わりにですね、夏の話、「としまえん」の思い出で「さよなら夏の日」かけましたらですね
(リスナーから)「東京だけ、地震速報だった。再度リクエストします」と。
ほかにもたくさんいただきました。「さよなら夏の日」アンコール。

さよなら夏の日 / 山下達郎

 

<了>