おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

山下達郎サンデーソングブック 2020年09月20日「棚からひとつかみ+リクエスト」書き起こし

オンエアされた曲に関する達郎氏のコメントを書き起こしています(一部要約あり)。インフォメーションやリスナーからのメッセージは割愛しています。リンクを張っている音源は、オンエアされた音源とは異なることが多々あります。

----------------------------------------------------------------------------

1. RIDE ON TIME / 山下達郎 '80
2. GIVE ME JUST A LITTLE MORE TIME / THE CHAIRMEN OF THE BOARD '70
3. NOW THAT YOU'VE GONE / PETULA CLARK '65
4. I'VE GOT DREAMS TO REMEMBER / OTIS REDDING '68
5. OH LET ME KNOW IT / SPECIAL DELIVERY '77
6. IT WAS YOU / THE NATURALS '64
7. いつか (LIVE) / 山下達郎 "14/10/10 名古屋ボトムライン"

 

朝から晩までメールばっかり拝見しております。
でもほんとに、とっても素敵なメール、おしゃれなメール、笑えるメール、いろいろ。
下は10代の方から上は70代の方まで、ほんとに幅広い方々からいただいております。
ほんとに、ありがたいことでございます。
むかーしから聴いてくださってる方、ほんのひと月前から聴き始めたとおっしゃる方。
いろいろな方、いらっしゃいます。
少しでもお応えしようと思うんですけど、なんたって、ちょっとキャパシティが、それこそオーバーでございます(笑)
55分で、受け入れられる数をはるかに超えておりますのでですね。
気は心といいましょうか、少しでもですね、1枚でも多く、1曲でも多くお応えしたいと思います。
山下達郎のレコード棚からアトランダムにお聴きをいただきます、いわゆる『棚からひとつかみ』プラス皆様からのリクエストにお応えしつつ、今日もがんばってまいりたいと思います。
4連休の途中でございます。
行楽中にお聴きの方もいらっしゃると思いますし、おれは休みなんかない、と仕事なさりながらお聴きをいただいている方もいらっしゃると思います。

でですね。
今日は、9月20日なんですけれども、今から40年前の1980年9月19日が、私のアルバム「RIDE ON TIME」の発売日でありました。
「RIDE ON TIME」のシングルが1980年5月1日に発売されまして、それが私の初めてのヒットシングルになりまして。
そこから5か月後の9月にアルバムが発売されました。
このころから全国ツアーがコンスタントにできるようになりまして、あれから40年続きまして、おかげさまで今でも現役をやれております。
それどころかですね、40年前に出した作品がいまだに皆さんの耳に届いているという、ほんとに幸せな音楽の人生を歩んでこられました。
40年目の「RIDE ON TIME」であります。
今日はぜひともお聴きをいただきたいと思います。

RIDE ON TIME / 山下達郎


 
GIVE ME JUST A LITTLE MORE TIME / THE CHAIRMEN OF THE BOARD



まずはチェアメン・オブ・ザ・ボード。
ジェネラル・ジョンソンの素晴らしい声でございます。
デビュー・ヒット、1970年全米3位、R&Bチャート8位、逆だ。珍しい。でもミリオンセラー。
「GIVE ME JUST A LITTLE MORE TIME」、ラジオで死ぬほどかかりました。
私の大好きなジェネラル・ジョンソンは、2010年に亡くなってしまいましたけれど、曲は永遠に残ります。


次のリクエストはペトラ・クラーク。
1965年のデビュー・アルバムに入っている名作。
もともとは1964年にフランス語ヴァージョンで最初にペトラ・クラークがレコーディングしました。
それに英語詞を付けて1965年のイギリスのアルバム『DOWNTOWN』に収録して、たいへん人気のある曲です。
その後、コニー・スティーヴンスがアメリカでカヴァーしました。
歌はどちらも甲乙がつけがたいが、なんと言ってもトニー・ハッチのアレンジの秀逸さは今聞いても全く遜色がない。
アルバム『DOWNTOWN』から「NOW THAT YOU'VE GONE」

NOW THAT YOU'VE GONE / PETULA CLARK

この最後に一瞬アルトフルートが残るところがたまらない。名曲でございます。

スポンサーリンク

 


リスナーから「9月9日生まれのオーティス・レディングの曲を」というリクエスト。
私がいちばん好きなのは、これです。
1968年、全米ソウル・チャート6位、全米チャート48位。スマッシュヒットになりました。
死後に出たアルバム『THE IMMORTAL』の1曲目に入ってる悲しい恋の歌。
彼女が他の男と抱き合っているのを見てしまった男の悲しい歌。

I'VE GOT DREAMS TO REMEMBER / OTIS REDDING


"ゆうべ君が他の男と抱き合ってるのを見た/彼はただの友だちだと君は言う/でも何度も彼にキスしてた/どうしてそんなにあいつは君を優しく抱けたんだ"
という悲しい恋の歌。


これも久しぶりにおかけします。私の大好きな一曲。
スペシャル・デリヴァリー、南部のヴォーカル・グループですが、テリー・ハフというナマズ髭みたいな人がいて、その人のリード・ヴォーカルで、スペシャル・デリヴァリー・フィーチャリング・テリー・ハフとして何曲かヒットがあります。
テリー・ハフと袂を分かちまして、ヴォーカル・グループとして独立して、出したシングルが隠れた名作といいましょうか。
1977年、全米ソウル・チャート11位まで上がりまして、日本でなんとシングルが出ました。
桜井ユタカさんがRCAレコードをせっついてシングルを出しました。
それを私、買いまして。
当時、レコード屋に月一回行きまして、新譜のシングルを全部あたって、これ良さそうだなというのを片っ端から買ってた時代があって、そのなかの一枚です。
あとで桜井ユタカさんに伺いましたら、あれはオレがRCAレコードをせっついて出させたと。
その経験がなければこの曲を番組でかけるチャンスもなかったと思います。
リアルタイムで聞いていただけにインパクトが大きい。

OH LET ME KNOW IT / SPECIAL DELIVERY

マイアミでのレコーディングだと思います。
新宿にコタニレコードというのがありまして、今はバルト9とマルイになってますけど、大きなレコード屋がありまして、そこがいちばんシングル盤の品揃えが多かった。
毎月そこに行って、日本盤のシングル盤を端から端まで見て、めぼしいやつを物色していた思い出があります。

スポンサーリンク

 


次のリクエストは、ピート・タウンゼントファンの方からレアなシングル。
ザ・ナチュラルズ。
イギリスのエセックス出身の5人組のビート・グループです。
1964年のシングル、しかもB面で、ピート・タウンジェントのペンになる曲です。
このザ・ナチュラルズはビートルズの「恋するふたり」のカバーのワンヒットワンダーで知られるグループです。のちにリヴィングデイライトというグループにメンバーが移っていきます。

IT WAS YOU / THE NATURALS

なかなか上手い演奏です。これはなかなかかからないでしょう。リクエストする人もする人ですが、かける人も。。。


次のリクエストは「いつか」。倉敷市民会館でのライヴでとのこと。
すいません、いま曲書きで、ライヴのあれができないので、いつもお聞きいただいている2014年10月10日、名古屋ボトムラインでのライヴ・ヴァージョンで。
『RIDE ON TIME』アルバム40周年、引き続きよろしくお願いします。

いつか (LIVE) / 山下達郎

 <了>