おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

山下達郎サンデーソングブック 2020年05月03日「山下達郎ライブで棚からひとつかみ 洋楽カヴァー編」書き起こし

 

今回の放送は達郎氏のライヴ音源特集ですので、ネット上の張れる音源はありません。それぞれの曲に関する達郎氏のコメントを記載しています。インフォメーションやリスナーからのメッセージは割愛しています。
--------------------------------------------

1. CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU (LIVE) / 山下達郎 "16/04/09 沖縄市民会館"
2. OH PRETTY WOMAN (LIVE) / 山下達郎 "18/10/26 中野サンプラザ"
3. ON A CLEAR DAY (LIVE) / 山下達郎 "85/09/17 渋谷JANJAN"
4. LA LA MEANS I LOVE YOU (LIVE) / 山下達郎 "92/03/15 中野サンプラザ"
5. SO MUCH IN LOVE (HOME ACAPPELLA) / 山下達郎 "おうちアカペラ"
6. DON'T ASK ME TO BE LONELY (HOME ACAPPELLA) / 山下達郎 "おうちアカペラ"

 

ここ数週間ずっと、私の新旧取り混ぜて色々とライブソースをお聴きをいただきました。
本来このサンデーソングブックという番組は洋楽オールディーズの番組ですので、今日は洋楽パターンでですね、題して『山下達郎ライブで棚からひとつかみカバー・バージョン』編。
洋楽カバーは、昔からたくさんやってきましたので、洋楽のカバーソングをライブバージョンでお届けできればと思います。
洋邦取り混ぜてと最初は思ったんですけども、洋楽だけで55分埋まってしまいますので。
今日は、とりあえず洋楽編。
邦楽編はまた追ってという感じでございます。


山下達郎が演奏する洋楽カバー。
先週その告知をさせていただきましたら、今週も山のようにメールをいただきまして(笑)。
丸二日、読むのに費やしてしまうぐらい。
でも本当にたくさんたくさん頂きまして、ありがとうございます。
特に、メールだからやっと書けたという、初めての皆さんも、本当に熱いお便りたくさん頂きました。
全部ご紹介できないのは本当にもったいない感じでございますけども。
まぁ、しかし、それでも洋楽のカバー、よくこれだけ書いてこられるもんだなって。

すごーく頂いたのが「CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU~君の瞳に恋してる」。
2015年から16年のライブ、全64公演やった長いライブでしたけれども、ここでご披露しまして、えらいい受けたんです。
ですので、これだけリクエストをいただくのも、道理にかなってる。
しかもですね、リスナーの皆さん、みんな自分が聴いたたホールでのライブとか、わがままな方がたくさん。
で、今日はですね「CHEER UP! THE SUMMER」のカップリングじゃない日、2015年から16年にかけてのツアーの千秋楽、沖縄市民会館でのライブソース。
「CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU~君の瞳に恋してる」

CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU (LIVE) / 山下達郎 "16/04/09 沖縄市民会館"

沖縄市民会館、好きなホールです。
こじんまりしたですね、コザにあるホールですけど。
皆さん今も那覇のホールでしかやりません。
じゃなきゃアリーナですが、私は、この沖縄市民会館本当に好きなので、ずっとこのホールがあるうちは、やっていきたいと思います。

 

やっぱり、めちゃくちゃ多かったのはですね、おととし18年にやりました「OH PRETTY WOMAN」、ロイ・オービソンですね。
私、ロイ・オービソン大好きなので。
既製のカラオケでも歌って、放送でご披露したことがあります。
で、エスカレートして「OH PRETTY WOMAN」行ってみようかなと。
今日は2018年10月26日東京中野サンプラザでのライブバージョン。

OH PRETTY WOMAN (LIVE) / 山下達郎 "18/10/26 中野サンプラザ"

10月26日中野サンプラザでの「OH PRETTY WOMAN」でございました。
ハモってるのは、コーラスのハルナちゃんでございます。

 

自分のツアーで、洋楽のカヴァーヴァージョン随分行ってるんですけども、人のセッションに入って、洋楽のカバーをやることが結構ありまして。
すごく思い出深いのがですね、1985年、矢野顕子さんが渋谷JANJANでライブやった時に、私ゲストで出まして。
矢野顕子さんと坂本龍一さんをバックに歌うという、贅沢な。
これ、カセットで客席で録音したテープでありますので、途中でなんか雑音入ったりですね、観客の声が聞こえたりするんですけども。
それをですねオンエアして、ヘッドホンで聴いていただくと、なんかライブ会場にいるような感じがするじゃないかなって(笑)
私の大好きなスタンダードナンバーで「On a Clear Day、You Can See Forever」
「晴れた日に永遠が見える」という、バーブラ・ストライサンドの映画でも有名でありますけど。
あっこちゃんの素晴らしいピアノと坂本君のシンセが渋いんですね。
渋谷のJANJAN、1985年の9月17日

ON A CLEAR DAY (LIVE) / 山下達郎 "85/09/17 渋谷JANJAN"

 

なんと、難波君からきまして(笑)
メールで(笑)
『以前はラジコで後追い聴きでしたが、このコロナ騒ぎが始まってから、特に4月は完全に自宅でおとなしくしておりますので、リアルタイムで拝聴しております。
毎週全国のリスナーの方々が楽しみに待っておられ、様々な曲が流され、音楽のシャワーを浴び、とても元気づけられてると思います。
さて僕のリクエストですが、しばらくやってないので「 La La Means I Love You 」が聞きたいなぁ。
あと僕の40周年の時に歌ってもらったナイスも。
でも、長いので。時間が許す時にでもお願いします』

「HANG ON TO A DREAM」ね。
去年かけた、あれですけど。次の機会に(笑)
今日は、前に何度かサンソンでかけたことありますが、これがわりと出来が良いので(笑)
92年3月15日、中野サンプラザ。
コーラス、Candee、佐々木久美、佐藤竹善。
よろしくお願いします(笑)
LA LA MEANS I LOVE YOU (LIVE) / 山下達郎 "92/03/15 中野サンプラザ"


洋楽カバーと言ったら、私は『オン・ザ・ストリート・コーナーで』一人アカペラでありますけれど。
一人アカペラは、よく私は『オン・ザ・ストリート・コーナーで』出した時のプロモーションでですね、ラジカセ抱えて・・・
そうしたスタジオに行きましてですね、例えば高見恭子さんの番組とか、そういう所に行きまして。

ラジカセ膝の上に置いて、ラジカセのカラオケで歌を歌ったとか、そういうことはよくありまして。

じゃぁ今日は家だから、「家アカペラ」やってみようかと(笑)
それはグッドアイデアだと乗りまして。

何やろうかって、いろいろ曲を決めてですね。
ところが、ラジカセがないんですよ今、家に。

じゃ、ラジカセないんだったらプロツールスでやってみようかと(笑)
ところがですね、プロツールスって音量ないんですよね(笑)

どんなに、このマイクに近づけて、やってもですね、私の歌が勝っちゃうんです(笑)
色々やってみたんですけども、どうしてもダメで。

それで今日はちょっと、計画倒れで挫折しましたので。
でもなんか、「お家アカペラ」やりたいのですね。

私の家のプロツールス立ち上げて、プロツールスからカラオケを出して。
それに歌を入れてミックスするという。

あんまり、臨場感ないんですけど。
このナレーションを録ってる時は、僕の仕事場の電気製品を全部、電気落としてるんですね。

だからノイズが入らないんですけども 。

プロツールスで、このマイクで歌をやるということになると、プロツールス のファンが、ものすごくうるさい!

ですので、ちょっとSNが、音が悪くなりますけども。
まあ、お家アカペラのとっかかりという感じでお聴きを頂ければと思います(笑)。

それでは、ちょっとプロツールスの電源を入れますので少々お待ちください。

...............というわけで、さっきより少しノイズっぽくなったと思います。
プロツールスのファンの音です。
部屋の温度が上がってくると、もっとうるさくなりますが、まだ、ちょっとつけたばかりだとおとなしいです。

グズグズ言ってないで、早くやれ!(笑)
すいません(笑)

お家アカペラの「So Much In Love」
ぶっつけ本番、どうぞ。

SO MUCH IN LOVE (HOME ACAPPELLA) / 山下達郎 "おうちアカペラ"


時間があるので、もう一曲行ってみたいと思いますが。
ちょうどリクエストいただきました。

お家アカペラと名付けました。
「Don't Ask Me To Be Lonely 」
1999年の 「オン・ザ・ストリート・コーナー3」に入っております。
私の大好きな曲、 いってみます 。

DON'T ASK ME TO BE LONELY (HOME ACAPPELLA) / 山下達郎 "おうちアカペラ"


来週は邦楽カバー編で行けるように努力して参りたいと思います。

 

<了>