おとのほそみち Jazz and Good Music

行きかふ歌も又旅人也


山下達郎サンデーソングブック2022年4月24日『山下達郎ライブでリクエスト特集』

1. SPARKLE (LIVE) / 山下達郎 "19/06/14 岩手県民会館"
2. 土曜日の恋人(LIVE) / 山下達郎 "16/03/04 金沢歌劇座"
3. 君は天然色 (LIVE) / 山下達郎 "19/09/24 名古屋国際会議場 センチュリーホール"
4. プラスティック・ラブ (LIVE) / 山下達郎 "86/07/30 中野サンプラザ"
5. BLUE VELVET (LIVE) / 山下達郎 "18/10/04 大阪フェスティバルホール"
6. THE WAR SONG (LIVE) / 山下達郎 "17/08/31 長野・ホクト文化ホール"


6月22日発売のニューアルバム『SOFTLY』
11年ぶりのニューアルバムでございますので、取材が、今現在、始まります。
まずは文字関係、新聞・雑誌・その他いろいろ文字関係の取材、毎日毎日やっております。
毎日毎日しゃべっておりますので、だんだん、ヘラヘラしてくる傾向ありますが、必死におさえてやっております。

で、5月に入りますとライブのリハーサルが始まりますので。いよいよ詰まって参りますので(笑)
こういう時には、サンデーソングブック、困ったときには「リクエスト特集」と言いたいところですけども。
延々「リクエスト特集」を繰り返しております。
困った時の対処が間に合わない。さらに困ったときには、じゃあ、どうするか。
ライブソース!伝家の宝刀(笑)
しかもですね、今週は恐怖の聴取率週間。
なんかやれと。じゃぁライブソースでいってみよう、と。
リクエスト特集続いておりますので、じゃぁ「ライブでリクエスト特集」やってみようかなと口を滑らせてしまったために、サンデーソングブック29年半の歴史の中で、最も今週はいただきました。
頂きましたこの数、なんでしょうか。
ラジオを聴取している方が、あきらかに増加しているという実感とともにあります。

ありがたいですけども、うれしい、文字通り悲鳴といいますか、チェックするだけで、たいへん。
でも、がんばっていきたいと思います。
1週間じゃ間に合わないので、今週、来週2週間使いまして、『山下達郎ライブでリクエスト特集』
今まで一回おかけしたものもありますし、今回発オンエアというものもあります。
いろいろと取り混ぜて、お届けしたいと思います。

日曜日の午後のひととき
今日は「すてきなオールディーズソング」ではなくて
「すてきな山下達郎ライブソース」でお楽しみをいただきます。
本日も最高の選曲と最高の音質を目指して、やっております。
努力が報われることを祈りつつ。

私のライブソースは長いので。
今日は、頭のお知らせ前の曲は無しにしまして、さっそく始めてみたいと思います。
言い忘れましたが、突然決まったライブソースの特集はすべて「PAアウト」
当日のPAコンソールから直接録った音をリマスタリングして、お届けしておりますので、音質の点は少々ご容赦いただくかも、しれません。
それでは、さっそく始めます。

一番多くいただきましたのが「SPARKLE」でございます。
当然なのか意外なのか、わかりません。
まずは「SPARKLE」からスタートしました。
普通のライブのスタートでございます。
2019年6月14日、岩手県民会館。
「こんばんは盛岡!」と言っておりますが、そこからのPAアウトでございます。
死ぬほどリクエストいただきました。
SPARKLE (LIVE) / 山下達郎 "19/06/14 岩手県民会館"


「土曜日の恋人」もたくさん頂きました。
85年のシングル作品ですけども、ようやく2010年代になってライブで再現できるようになりました。
たくさんたくさん頂いておりますが、今日は2016年3月4日、金沢歌劇座でのライブソースPAアウト。
土曜日の恋人(LIVE) / 山下達郎 "16/03/04 金沢歌劇座"


「SPARKLE」が一番リクエストいただきましたが、2番目に頂きましたのが、なぜか大瀧詠一さんのカバーやりました「君は天然色」
2019年にやりましたけれども、これに、たくさん頂きました。
これ、アコギを弾きながら歌うのって、けっこう難しいんです。
タイムキープするんですけど、歌が、わりと粘らないと、大瀧さんみたいな感じになんないのでですね・・
ギターをタイムキープしながら、歌を粘るというのは、けっこう難しい記憶がありますが(笑)
また機会があれば、ライブでやってみたいと思います。
次のライブアルバムを作るときには、どうしようかなと思って。
カバーはカバーでまとめようかな、とか色んなこと考えておりますが。
「JOY2」つくるとき、もう、前のアルバム、ライブアルバム「JOY」作ってから30年以上経ってしまいましたので。
また、早い時にやらないといけませんですね。
なんつっても、オリジナルアルバムが11年も経ってる(笑)
何やってるんだ、スイマセン。
自分で突っ込んで自分であやまってるという(笑)
でも大瀧詠一さん、お亡くなりになって来年で10年ですから早いもんであります。
感慨無量。
君は天然色 (LIVE) / 山下達郎 "19/09/24 名古屋国際会議場 センチュリーホール

 

 


「プラスティック・ラブ」も多くてですね、私がやってるバージョン、たくさん頂きましたが、あのテイクを聴かせろ、このテイクを聴かせろ。
いろんな人がいましてですね。とても意見がまとまっていないので。
誰も望んでいないベクトルで行こうと。古いのでいってみようと。
青山純が存命の時の80年代のソース。
昔、このサンデーソングブックが始まって90年代初期にですね、「JOY」のライブアルバムが出たあとでしたので「JOY」じゃないやつという、そういうご所望がずいぶんきました。
そのときによくかけたソースです。
ライブアルバム「JOY」に入ってるテイクは86年の7月31日の中野サンプラザなんですが、その1日前、86年の7月30日のテイクというのがありまして。
その「プラスティック・ラブ」を今日はお聴きを頂きます。
この翌日のテイクの方が、圧倒的にシンガロングの段取りがきれいなので、ライブアルバム「JOY」には、そちらの方が入ったという感じでございます。
1日違うだけでも、ずいぶん。でもグルーヴは同じですけどね。
全員30代ですから、若かったという、しかし青純は、まだ20代か。
私、まだ33歳ですからね。イケイケという感じですね。
プラスティック・ラブ (LIVE) / 山下達郎 "86/07/30 中野サンプラザ"

 

いろいろなライブのリクエストのお便りをいただきます。
その中から。
『大阪フェスでライブに参戦することが長年の夢でした。主人の転勤で大阪に4年半住みましたが、その頃はライブがない時期。ところが、まさかの2008年にライブ再開となり、リニューアル前の貴重な大阪フェスティバルホールに参戦でき、長年の夢がかなったのです。
その後、地元に戻り、神奈川県民、NHK、サンプラザですが、10年たった2018年、無性に大阪フェスに行きたくなったのです。幸運にもチケットがとれ、一人でいざ参戦。
新しくなった大阪フェスは、以前にも増して開演前から熱く、観客とホールが一体となり、建物ごと揺らいでいました。
ライブも佳境となりアカペラの「Blue Velvet」が終わった瞬間、水を打ったような静寂。
息をのむとは、正しくはあの瞬間。
あまりにもすばらしく、誰しも声は出ず、我を忘れ、時が止まりました。
その後ドドドと大きな喝采の嵐
あの瞬間に立ち会えたことは一生の宝となっております。
もう一度、聴いてみて浸ってみたいのでリクエストお願いいたします。』
長いお便りをいただきました。
PAアウトだと、どこまで伝わるか分かりません(笑)
遠くにお客さんの拍手が聞こえます。
2018年10月4日、大阪フェスティバルホールでのアカペラ「Blue Velvet」
BLUE VELVET (LIVE) / 山下達郎 "18/10/04 大阪フェスティバルホール"


世界中が、非常に不安な時代であります。
戦争が、長引きつつありまして、犠牲も増えております。
いろいろな方々が、いろいろな事をおっしゃっておりますけれども、そう簡単には、今の情報社会、ほんとの事がですね、自分の方に伝わってくるとは思えませんので。
あくまで冷静にですね、物事見ていかなきゃならない。
世界中のニュースソースから、いろんなことを学んでいかなきゃなんない。
そういうような感じがいたしますが。
いずれにせよ、平和を願う気持ちは、世界の人々みんな同じであります。
今、取材をする中で、1986年の「POCKET MUSIC」っていうアルバムに入っております「THE WAR SONG」の話題を出しますと、若い新聞記者の方とかは「THE WAR SONG」をご存じないという、そういう方もいらっしゃいますので、今日はそれをかけたいと思います。
今日は初出です。
2017年8月31日長野のホクト文化ホール
この年の千穐楽での演奏でございます。
THE WAR SONG (LIVE) / 山下達郎 "17/08/31 長野・ホクト文化ホール"

<了>