おとのほそみち Jazz and Good Music

行きかふ歌も又旅人也


山下達郎サンデーソングブック2022年5月1日『山下達郎ライブでリクエスト特集』

 

1. OPPRESSION BLUES (弾圧のブルース) / 山下達郎 
2. LOVE SPACE (LIVE) / 山下達郎 "13/12/19 大阪フェスティバルホール"
3. 街物語 (LIVE) / 山下達郎 "10/11/08 八戸市公会堂"
4. WHAT'S GOING ON (LIVE) / 山下達郎 "18/03/17 京都・拾得"
5. ハイティーン・ブギ (LIVE) / 山下達郎 "18/11/02 カルッツかわさき"
6. アトムの子 (LIVE) / 山下達郎 "18/11/02 カルッツかわさき"


ゴールデンウイークが今年も始まリました。
去年よりは少しは精神的に楽かなという感じですが、まだ油断は禁物ということもあります。
でも10連休だそうでございます。
4月の末くらいから、週末はどこも人の渦でありまして、なんか道を歩いておりましても、たくさん人がいるなという印象がありますけれども。
今年の行楽地はですね、ちょっと前までは東京のナンバーが停まっていると、なんか言われたとか、そういうのを友人が言っておりましたけれども、今年はどうなんでしょう。
仲良く、仲良くいきたいものでございます。

私は、あいかわらず取材攻勢でありまして、5月に入りまして、来週あたりからコンサート・ツアーのリハーサルが始まります。
その前に取材を全部終えてしまわなとなりませんので、一所懸命、文字もの、雑誌、新聞関係から電波もの、ラジオ、ネット、その他。
そのようなものに、だんだん移行していくところでございます。

11年ぶりのアルバムですので、取材の量もけっこうありましてですね。
11年前の雑誌の担当の方とかが、全部変わっておりまして、若い人になったり、妙に大事にされたりして、なんか前期高齢者らしいという感じがしますけれども。
くだらないこと言ってますけれども(笑)
なにしろスケジュール詰まっておりますので、番組の方は先週に引き続きまして『山下達郎ライブでリクエスト特集』
困った時のライブ・ソースでございます。
今までかけたことのあるものもありますし、本邦初公開のライブ・ソースもございます。
いずれにしましても、全部PAアウト
当日のPAのコンソールから録音したソースをデジタル・リマスタリングしてお届けするという、いつものライブ・ソースでございます。
山下達郎のライブでリクエスト特集Part.2
ゴールデンウイークでございますので、あんまり辛気臭い曲でなくて、明るめに、明るめに。
楽しく、明るく。そういう感じでございます。
本日も、日曜の午後のひととき
いつもはすてきなオールディーズソングですけれども、今日はすてきな山下達郎ライブ・ソースでお楽しみをいただきたいと思います。
本日も最高の選曲と最高の音質を目指して、お届けします。

で、この間ずーっと、お聴きを頂いてまいりました6月22日発売ニューアルバム『SOFTLY』
このアルバムに収録されます「OPPRESSION BLUES」という一曲があります。
「弾圧のブルース」、訳を副題でつけておりまして。
何度もこの番組でお聴きを頂いておりますけれども。
少し前からですねリリック・ビデオという形でYoutubeで公開しております。
曲は、通常は日本語バージョンなんですけども、これに英語やフランス語、イタリア語などですが、各国の字幕を付けまして、訳詩ですね。
この曲に訳詩をつけてアップしております。
今後も各国語版でアップしていくという予定であります。
こういう時期に作った曲ですので。
今ウクライナで騒乱が起きておりますけども、別にそれのために作った歌じゃございません。
去年作った歌なんですけども。
直接の原因は、アフガンのですね女の子がですね教育を受けられないとか、香港の騒動とか、ミャンマーとか、シリアとか、そうした一連の世界情勢を見て作った歌なんですけど。
それが期せずしてアルバムのリリース時期にですね、日本でも大きな形で話題になる騒乱が起きてしまいました。
そうしたものとリンクして証明していこうという意図でございます。

アルバムの特設サイトがございます。
https://tatsurosoftly.com/
ここでビデオのリンク等、公開してございますので、ぜひともご覧いただければと思います。
OPPRESSION BLUES (弾圧のブルース) / 山下達郎

 


まずは「Love Space」をたくさん頂きました。
先週と同じで「私の見たあそこ」「私が聴いたあそこ」.......できません。
なんで裏をかいて2013年12月19日大阪フェスティバルホール。
大阪フェスティバルホールは、それまでの旧ホールを改築しましてですね、新しく造った初年度でございまして。
私、旧ホールを壊すときに、さんざん反対しましたけれども、新しくできたホールが、勝るとも劣らない、すごいなっていう、そういう感じでございます。
行ってみるもんだなと。
その年のツアーの大阪フェスティバルホール最終日でございます。
2013年12月19日の大阪フェスティバルホールでの「Love Space」
LOVE SPACE (LIVE) / 山下達郎 "13/12/19 大阪フェスティバルホール"

 


とにかくご自分がごらんになったライブを聴きたいという方が多いんですけども、たまにはお応えしないと。
青森市の方から
『土曜日のサタデーソングブック以来、毎週録音して聴いています。最近はラジコのおかげで録音に失敗しても聴けるので、聴取環境の激的な改善にもよろこんでいる毎日です。
リクエスト「街物語」
2010年、青森、東京、八戸のツアーに参戦させていただきました。
「街物語」はCDもいいのですが、ライブはスピード感がすばらしく、参入したばかりの小笠原さんの最初のシンバルの音、お亡くなりになられたサックスの土岐さんのソロなど、グルーヴ感がすばらしくて忘れられません。
青森、東京よりすべての演奏がこなれていて、八戸のライブは最高でした。
そこで街物語・八戸バージョンをリクエストします。
前にかかったのは知っていますが、よいのは何度でも。』
くどい。
たくさん頂きました。
2010年11月8日八戸市公会堂、渋いホールなんです。漆の座席。
街物語 (LIVE) / 山下達郎 "10/11/08 八戸市公会堂"

 


やはり今週も、ご時世柄「What’s Going On」
私のアコースティック・ライブのレパートリーですけれども、この「What’s Going On」ずいぶんリクエストいただきました。
2018年3月17日アコースティック・ライブ。
難波弘之さん、伊藤広規さん、私、3人。
京都のライブハウス拾得で行いましたライブから「What’s Going On」
WHAT'S GOING ON (LIVE) / 山下達郎 "18/03/17 京都・拾得"

 


そろそろお時間でございます。
最後はメドレーで。
「ハイティーン・ブギ」と「アトムの子」がメドレーになってる2018年のツアーからお届けしたいと思います。
2018年11月2日カルッツかわさきでのライヴから「ハイティーン・ブギ」から「アトムの子」に行くメドレーで、2週間お届けしましたライブでリクエスト特集、ご清聴ありがとうございました。
ハイティーン・ブギ (LIVE) / 山下達郎 "18/11/02 カルッツかわさき"
アトムの子 (LIVE) / 山下達郎 "18/11/02 カルッツかわさき"

<了>