おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

The Drifters / Under The Boardwalk ドリフターズ / 渚のボードウォーク(1964)


1964年7月にリリースされた、ドリフターズのシングル。

彼らにとって最後のR&Bチャート、ナンバーワンヒットとなった。
総合でも4位である。

そもそもは1964年5月にレコーディングされることになっていたらしいが、リードヴォーカルであるルディ・ルイス(Rudy Lewis)が、その前夜にヘロインの過剰摂取と思われる状態で亡くなった。

そこで、もうひとりのリードヴォーカルのジョニー・ムーア(Johnny Moore)が歌ったという経緯がある。

メンバーの死という悲劇を経ながらも、ジョニー・ムーアの歌声は明るく伸びやかだ。


ボードウォークとは木の板で作った遊歩道のことで、海岸沿いのリゾートなどに設置されていることが多い。

大小さまざまだが、大きなものだと、その下で陽射を避けながら過ごすことができる。

ついでに人目も避けることができるので、若いカップルが、お金をかけずに仲睦まじく過ごせる場所だというわけ。

なので

“ボードウォークの下で、ホッドドッグやフレンチフライを食べる”

なんて歌詞が出てくる。

“ホットドッグ”には、いささか際どい意味もあるのは、ご想像の通り。

でもドリフターズの歌は軽やかに洗練されていて、怪しげな感じは全然ない。

 

この曲がヒットしてから、わずか2ヶ月後、ローリング・ストーンズがカヴァーし、アルバム『12✕5』に収録された。あんまりストーンズらしい曲とは思えないけども。


その後も多くのアーティストがカヴァーしているが、ちょっと変わったところではブルース・ウィリス。
映画「ダイ・ハード」でブレイクする以前、1987年にカヴァーしている。

アメリカではそこそこのチャートだったが、イギリスではなんと2位を記録した。


この動画、どういうステージなのかわからないけど、テンプテーションズと一緒にやっている。

 

<了>