おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

I BELIEVE IN MIRACLES / THE JACKSON SISTERS (1973)


ジャクソン・シスターズは、ジャクソン5とは血縁的な関係は何もない。

だが、全く関係ないというわけでもない。

ジャクソン5の初代プロデューサーで、彼らをスターに育て上げたとされるボビー・テイラー(Bobby Taylor)。

このボビー・テイラーが、ウエストコーストで見出し、プロデュースを手掛けたのがジャクソン・シスターズなのである。

 

姉妹の5人組ヴォーカル・グループで、デビュー前からスモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ(Smokey Robinson and the Miracles)の前座を務めるなど、有望株であったらしい。

1973年にレコード会社と契約を結び、「I Believe in Miracles」をリリース。

リードヴォーカルは一番年下のジェニーで、たしかにパンチ力と躍動感のある歌だ。

ただ、のちに再評価されるものの、リリース当時は評判になったとは言い難く、全米ソウル・チャートで89位どまりだった。

 

この曲が収められたセルフタイトルアルバム「THE JACKSON SISTERS」がリリースされたのは、1976年。

ほとんど市場には出回らなかったらしく、再評価された際には、中古盤屋などで、非常に高い値段がついていたらしい。

 

基本的には、ベースラインが印象的なワングルーブの曲で、非常にノリがよくメロディもキャッチーで、何でヒットしなかったのか、いささか不思議ではある。

70年代前半は、こうしたテイストの名曲が目白押しだったから、そのなかに埋もれてしまったのかもしれない。

のちにイギリスのレアグルーヴシーンの中で、クラブDJたちが着目し、こぞってかけるようになった。

いまではアルバムもCD化されていて、手に入る(はずだ)。

 

ハマ・オカモトさんが、ラジオ番組でこの曲を解説しながら、
「この曲のイントロ、モーニング娘。の“LOVEマシーン ”のイントロの元ネタでは?」
と言っていたけれど、なるほどである。

 
ジャクソン・シスターズは「I Believe in Miracles」のあと3枚のシングルをリリースするが、どれもヒットには至らず、活動を終える。


話は続く。

この曲を書いたのは、プロデューサーのボビー・テイラーと、マーク・キャパニ(Mark Capanni)という人なのだが、このマークのヴァージョンというのがある(後年に発掘された)。


ネットでの情報によれば、ジャクソン・シスターズのヴァージョンの約1年前に完成し、プレスまでされていたそうだが、“迫力が足りない”などの理由でリリースは見送られたそうだ。

これら経緯の真偽は定かではないが、いまではこの音源もネットで聞くことができ、ジャクソン・シスターズヴァージョンよりも、よく言えばソフィスティケートされており、悪く言えばたしかにパンチがない。

 

まさかこの曲が、のちにレアグルーヴの名曲と讃えられるようになるとは、彼は思いもしなかっただろう。

 

ジャクソン・シスターズ+2

ジャクソン・シスターズ+2

 

<了>