おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

スティーリー・ダンのフォロワーたち #8 Smooth Reunion「Cleaning Up The Business」2008

 

「スティーリー・ダンぽさ」において、かなり高いレベルにあるスウェーデンの男性デュオ。

フルアルバムは残念ながら2008年リリースのこの作品だけしかない。

 

学校の同級生だったジョセフ・メリンとサミュエル・アンドレ(ともに1987年生まれ)の2人によって2006年に結成。
翌2007年にデビューEP『Scandinavian Bus Mentality』をリリース。

 

ギター、ベース、キーボード、ヴォーカルをこなすジョセフと、ドラム、パーカッション、ヴォーカルをこなすサミュエルの2人を中心に、ホーンやコーラスを加えている。

若いのに打ち込みに頼らず、生のバンドサウンドで勝負しているところがいい。

 

スティーリー・ダンは、2人の共通のフェイヴァリットであり、大きな影響を受けているらしい。

特にスティーリー・ダンの中期、『Gaucho』あたりを思わせるサウンドが印象的だ。

きわめて質の高いシティポップながら、少しハウスぽさを覗かせるのも世代ゆえか。

クリーニング・アップ・ザ・ビジネス

クリーニング・アップ・ザ・ビジネス

  • アーティスト: スムース・リユニオン
  • 出版社/メーカー: Pヴァイン・レコード
  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: CD

スポンサーリンク

 


このアルバム以降、デュオ活動の情報はないが、ジョセフ・メリンは2011年にソロアルバム『Prepare For Y2K』を出している。

残念ながらAmazonでの取扱はないが、シングルカットされた曲の音源がYouTubeにあった。

 

その後、ソロアーチストとしてのアルバムリリースはないものの、作家として曲提供は行っているようだ。

調べてみたら、なんとジャニーズの作品も手がけていた。

例えば、嵐が2017年4月にリリースしたシングル「I'll be there」のカップリング「Round and Round」、同じく2018年10月リリースのカップリング「White On White」の作曲・編曲にジョセフの名がある。

 

そのほか、ジャニーズWEST、A.B.C-Z、Kis-My-Ft2などにも曲提供している。

提供といっても、彼に依頼しているのではなく、おそらくはストック作品の中から選んでの契約だと思う。

ジャニーズがスウェーデンの作家を積極的に活かしているのは、ファンにはよく知られた話。

今後、ジョセフ・メリンのジャニーズ作品からビッグヒットが生まれるかもしれない。

 

<了>