おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

【Live in Japan】J.A.T.P. In Tokyo-Live At The Nichigeki Theatre 1953

録音は1953年。

大衆音楽の分野で、外国人ミュージシャンが正式にリリースした日本でのライブ盤としては、私が調べた限り、この作品が、限りいちばん古い。

この前年にジーン・クルーパが来日しているし、そのほかシャンソンやタンゴのミュージシャンの来日公演があったかもしれないが、その音源がリリース可能なかたちで残されている可能性は、かなり低いのではないか。


J.A.T.P.はグループの名前ではない。

Jazz At The Philharmonic(ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック)の略称だ。
のちにヴァーヴ・レーベルを設立するプロデューサーのノーマン・グランツが、1944年にロサンゼルスのフィルハーモニック・オーディトリアムで、ジャズ界のスタープレーヤーを集めたコンサートを開催した。

これが大盛況だったため、J.A.T.Pの名前で継続的に開催されるようになった。

近年のことばでいえば、すなわち「ジャズ・フェス」である。

その人気は、ヨーロッパやアジアにも飛び火し、ジャズ人気が高かった日本でも、1953年11月に有楽町の日劇で公演が行われたのだ。

 

この音源は、放送用に録音されたもので、LPレコード(3枚組)としてリリースされたのは1971年。

この年のスイングジャーナル ジャズ・ディスク大賞の特別企画賞に選定されている。

内容は、オール・スターズ、オスカー・ピーターソン・トリオ、ジーン・クルーパ・トリオ、エラ・フィッツジェラルドの4セットで構成される。

上記以外の顔ぶれもすごい。
アルトにベニー・カーター、テナーにベン・ウェブスター、ベースにレイ・ブラウン、ギターにハーブ・エリスと、錚々たるメンバーである。

出稼ぎ気分の顔見世興行かも、との懸念を、出会い頭から覆してくれる熱演に次ぐ熱演。

特にオスカー・ピーターソンとエラ・フィッツジェラルドのセットは、彼らの他のライブ盤と比べても名演とする評価も多い。

観客の反応も非常に良く、これも演奏に良い影響を及ぼしたのではないかと思える。


CD化されて2枚組になった。

[Disc1]の曲数がやけに少ないが、冒頭のオールスターズによる「Tokyo Blues」だけで、20分以上やっているのだ。

In Tokyo: Live 1953

In Tokyo: Live 1953

  • アーティスト: Jazz at the Philharmonic
  • 出版社/メーカー: Pablo
  • 発売日: 1992/09/23
  • メディア: CD

[Disc1]
1. Tokyo Blues
2. Cotton Tail
3. Ballad Medley: The Nearness Of You/Someone To Watch Over Me/Flamingo/I Surrender Dear/Sweet And Lovely/Stardust/Embraceable You
4. That Old Black Magic
5. Tenderly
6.Up

[Disc2]
1. Sushi Blues
2. Alone Together
3. Swingin' Till The Girls Come Home
4. Indiana
5. Cocktails For Two
6. Don't Be That Way
7. Stompin' At The Savoy
8. On The Sunny Side Of The Street
9. Body And Soul
10. Why Don't You Do Right
11. Lady Be Good
12. I Got It Bad And That Ain't Good
13. How High The Moon
14. My Funny Valentine
15. Smooth Sailin'
16. Frim Fram Sauce
17. Perdido
----------------------------------------------
Alto Saxophone – Benny Carter, Willie Smith
Tenor Saxophone – Ben Webster, Flip Phillips
Bass – Ray Brown
Drums – Gene Krupa, J.C. Heard
Guitar – Herb Ellis
Piano – Oscar Peterson, Raymond Tunia
Trombone – Bill Harris
Trumpet – Charlie Shavers, Roy Eldridge
Vocals – Ella Fitzgerald


Spotifyで聴ける。いい時代になったものである。

<了>