おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】日本屈指のラテンジャズバンドによる躍動と洗練 ORACIÒN / OBATALA SEGUNDO (2022)

オラシオン / オバタラ・セグンド

オラシオン

オラシオン

Amazon

 

オバタラは、トロンボーン奏者、中路英明を中心とする6人組のグループだ。

中路は、高橋達也と東京ユニオン、オルケスタ・デ・ラ・ルスを経て、現在は熱帯JAZZ楽団など複数のユニットで活躍中。

そのキャリアを見ればわかる通り、ラテンジャズにおいて日本屈指のボントロ奏者である。

 

そんな彼が自ら結成したのが、97年に誕生したオバタラであり、その後変遷を重ねるなかで、第2期を意味するオバタラ・セグンド(OBATALA SEGUNDO)と名前を改めて活動。

その新作『オラシオン(ORACIÒN)』は8年ぶりのアルバムで、これがセカンドである。

日本初のクラウドファンディングレーベル、TWIN MUSICで、ファンに支えられつつ制作されたらしい。


もとより私はラテン系ジャズが大好物で、デ・ラ・ルス、熱帯JAZZ楽団、松岡直也などを聞きまくってきた人である。

このアルバムも、期待に違わぬ出来栄え。

躍動感のあるリズムの上を、艶やかで華やかなソロが舞い踊る。

特に大儀見元のパーカッションは、キッレキレで、かつ表情豊かで、アンサンブルにワンランク上の成熟を与えているように感じる。

 

ラテン系といっても、ガチャガチャしたお祭りノリ一辺倒ではなく、特に各人のソロには哀愁と洗練を感じさせるフレーズも多い。

大半がオリジナル曲だが、親しみやすい美メロのテーマが耳を引き、多くの人に好まれる要素が満載だ。

私は、完全にヘビロテ状態です。

 


 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら