おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】 PRISMのドラマー木村万作の新ユニット 優美なフルートが沁みる 余韻 / yo-in (2022)

 

 

yo-inって何だ?と思っていたら、ドラマー木村万作の新しいユニットだそうだ。

木村は、日本を代表するフュージョンバンド、PRISMの中心メンバーであり、近年は小田和正のサポート活動でも知られる。

PRISMといえば、2021年、惜しくもギタリストの和田アキラが永眠された。
長らく聞いてきたバンドだけに、たいへんショックだった。

改めてご冥福をお祈りします。


さて、yo-inのメンバーは、ベースにはKANGAROOに在籍していた松田俊郎、フルートの太田朱美、ピアノとキーボードの生出珠美という顔ぶれ。

JAZZにグルーピングしているけど、インストゥルメンタル・ミュージックであり、ラウンジ・ミュージックと言ってもよい。

編成からわかる通り、リードを担っているのは主にフルートで、第一印象としては優美で爽やか。
繊細で、耳馴染みがよく、ありていに言えば癒やし系のサウンドといえる。

 

木村万作のドラムはあまり前に出ず、松田のベースと共にボトムを支えるのに徹している感じだが、フルートの歌心の引き立て方が、さすがに上手い。

全体にややおとなしく優等生的な感じもするが、それが、このユニットの持ち味なのだろうし、考えてみれば、似たタイプのユニットは他に思いつかない。

 

というか、昔はヒューバート・ロウズとかデイヴ・バレンチンとかの作品にあったんだけど、最近は、この種の作品は耳にしなくなった感じ。

だから新鮮に、清々しく聞こえるのだろう。

最近(でもないか)のフルートでは、女性ラテン・フルート奏者、アンドレア・ブラッチフェルド(Andrea Brachfeld)『Brazilian Whispers』が耳に残ったが、この『余韻』は、またタイプの違うフルートで、とても心地よく聞いた。

 


<了>

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら