おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】アフロビートが鮮烈なイスラエルジャズドラマーの初ソロ House Of Arches / Amir Bresler

ハウス・オブ・アーチ / アミール・ブレスラー

House of Arches

House of Arches

Amazon

 

ムーブメントを通り越して、確固としたジャンル、勢力として定着した感のあるイスラエル・ジャズ。

その最前線を走り続けてきたアヴィシャイ・コーエンやオメル・クレインらをサポートしてきたのが、このアミール・ブレスラー。

これが初のアルバムだが、なんと、たった一日で録音されたらしい。

即興性に重きを置くのもジャズの特性とはいえ、初のリーダー作なのだから、じっくり練ってもよさそうなもの。

それと1日で、とは、コロナの影響もあったのかもしれないが、それだけの自信もあり、ライヴ感を重視した面もあるのだろう。

旧知のイスラエルジャズシーンの精鋭を集めてのもので、あまり枠組みを設けず、自然発生的な音の交差、連鎖を捉えることを重視したらしい。

アフロ的なポリリズム・ビートを基調としたサイケデリックな音の陰影。

ロスのイマドキのビートにも通じるものがあり、イスラエルぽい、という先入観も結論も、あまり意味はなさそうだ。

 


このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら