おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

KISS ポール・スタンレーのソウル愛に満ちたアルバム『Now And Then』

f:id:bakoji:20210321184449j:plain

KISSのオリジナルメンバーにしてフロントマンであるポール・スタンレー。

彼は、2015年、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーションなるプロジェクトチームを結成。

R&B/ソウルの名曲カヴァーを中心とするライヴ活動をスタートした。

KISSのドラマー、エリック・シンガーを含め15人編成の大所帯だ。

ロックの殿堂入りも果たしているレジェンドで、ハードロックの権化のような人が、なぜソウルのなのか。

当初は戸惑いを隠せないファンも多かった。

だがスタンレーにとってR&B/ソウルは、自身が音楽に傾倒するようになった初期の重要なルーツ。

過去の偉大なアーティストや名曲に敬意を表してカバーし、この音楽ジャンルに現代性を持たせ続けることが、このプロジェクトの目的だという。

これまではライヴ活動ばかりだったが、2021年3月、ついにアルバム『Now And Then』がリリースとなった。

少しファンク寄りの内容を想像していたのだが、違った。

多くの曲が、甘くメロウなスイートソウルなのだ。

往年の名曲9曲のカヴァーとオリジナルの新曲が5曲。

「Ooo Baby Baby」
「You Are Everything」など誰も知っている超有名曲が並ぶ。

またオリジナルの出来栄えもなかなかだ。

そしてスタンレーの歌声は、ジェントルで色気があって、なんとも魅力的だ。

ぶっちゃけスイートソウルは、いまヒットチャートに入ってくるような音楽ではない。

ポール・スタンレーでなければ、ここまで注目されることはなかっただろう。

ゆえに、特にソウルの愛好家にとって、このアルバムの意味は大きい。

現在中断しているフェアウェル・ツアー<End Of The Road>をもって、KISSは活動休止に入る予定だ。

それはとても残念なことではあるけれど、スタンレーにはこのソウル・ステーションの活動をぜひ続けてもらいたい。

【収録曲】
1. Could It Be I’m Falling In Love ※
2. I Do
3. I, Oh I
4. Ooo Baby Baby ※
5. O-O-H Child ※
6. Save Me (From You)
7. Just My Imagination (Running Away With Me) ※
8. Whenever You’re Ready (I’m Here)
9. The Tracks Of My Tears ※
10. Let’s Stay Together ※
11. La-La – Means I Love You ※
12. Lorelei
13. You Are Everything ※
14. Baby I Need Your Loving ※

※はカヴァー曲


Paul Stanley's Soul Station - O-O-H Child


Paul Stanley's Soul Station - Could It Be I'm Falling In Love (Audio)

上はファイヴ・ステアステップス、下はスピナーズのカヴァー。

 

<了>