おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】ピアノ、エレピ、シンセを駆使したトリオ Life Lessons / Marc Cary (2021)

ライフ・レッスンズ / マーク・キャリ

Life Lessons

Life Lessons

  • アーティスト:Marc Cary
  • Sessionheads United
Amazon

 

ニューヨークを拠点に活躍するピアニスト、キーボーディストであるのマーク・キャリーが、2015年から3年間、毎週土曜日に行ってきたハーレム・セッション。

ここでキャリーのレッスンを受けてきた若きミュージシャン、ベーシストのダン・フメリンスキーとドラマーのディエゴ=ホアキン・ラミレスの2人を率いた新たなトリオ作品。

なので、こうしたアルバムタイトルがついているわけだが、私が教えたこと、だけではなく、私が学んできたこと、の意味もあるようだ。

キャリーがかつてツアーメンバーとして薫陶を受けたヴォーカリスト、アビー・リンカーンの曲が2曲入っているし。

ピアノ以外に、ローズやシンセも弾きこなす人で、いわゆるジャズの枠組みから離れ、ネオソウル、ファンクさらにはディープハウスぽいものも、やってしまう。

このアルバムも、冒頭の曲などは、軽やかで洗練されていて聞き心地がよいのだが、後半になると、徐々に深く濃く、思慮深い世界になっていく。

「Phase 2」の重く澱んだシンセなどは、もうディープハウス。

1曲がわりと短いこともあって、キャリーの様々な側面が味わえる作品になっている。

“弟子”の二人はソツのないプレイだが、ややおとなしい感じ。
もっと前へでもよかったのでは、と思う。

Marc Cary - Piano,Keyboards
Diego Joaquin Ramirez - Drums
Dan Chmielinski - Bass

 

<了>

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら