おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】日本でいちばんキュートなサックスプレイヤーの快作 Colorful Drops / ユッコ・ミラー (2021)

 

Colorful Drops(通常盤)

Colorful Drops(通常盤)

Amazon

 

彼女のことを知らずにヴィジュアルを見たら、アイドルかコスプレイヤーだと思う人も多いだろうが、バリバリのサックスプレイヤーである。

それもこれも、ジャズは渋めのオジサンがやるものという先入観が多くの人にあるからで、そんな古臭いイメージを取っ払うためにも、彼女のようなジャズプレイヤーがもっと現れていい。

彼女も「芸能人格付けチェック」に出演するなどして、ジャズファン以外にも広く知られるようになってきた。
よいことだと思う。

 

彼女のアルトの音は伸びやかで溌剌としていて、アッパーな曲だと、見事に疾走する。

一方でスロウには、艶と歌心があって、聞かせどころを心得てる印象。

今作は、全9曲収録されており、ユッコ・ミラーのオリジナルが8曲、カバー曲が1曲。

そのカヴァーの"FLY ME TO THE MOON"ではなんとユッコ・ミラー本人がボーカルをとっていて、びっくり。

 

オリジナルはどれもメロがキャッチーで耳馴染みがいい。

全体にやや軽めの印象を受けるが、そこが彼女の持ち味だと思う。

参加メンバーの演奏はみな手堅く、特にドラムの則竹裕之の小気味よいアタックが印象的だった。

 


ユッコ・ミラー(alto saxophone, soprano saxophone, vocal, ewi)
岡聡志(guitar)
半田彬倫(keyboards, violin, program)
須藤満(bass)
岡田治郎(bass)
則竹裕之(drums)
渡邊シン(drums)

1.Smoky Light
2.New Experience
3.Be Myself
4.IKUSA
5.Hapi Hapi
6.Stream
7.Deadline Pressure
8.Fly Me To The Moon
9.For You

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら