おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

【AOR】シカゴのリードシンガーだったジェイソン・シェフ 22年ぶりのソロアルバム「Here I Am」

 ジェイソン・シェフのソロアルバムって初めてだっけ?
と記憶が定かでなかったのだが、なんと22年ぶりだそうだ。

どういう理由だか知らないが、アメリカでリリースされたのが昨年で、約1年も経ってから2020年10月に日本盤が登場した。

言わずとしれたシカゴのフロントマンで、ピーター・セテラの後を引き継いだリード・シンガー/ベース・プレイヤーであるが、数年前に脱退している。

全10曲のうち5曲がシカゴの曲で、かの名バラード「Hard to Say I'm Sorry(素直になれなくて)」も含まれる。

ピーター・セテラの後をついで長く歌ってきたとはいえ、そもそもはピーター・セテラとデイヴィッド・フォスターの曲だ。

22年ぶりなんだから、もっと新曲にチカラを入れてもよさそうなものだが、これはファンサービスなのだろうか。

という、やや首をかしげるところはあるにせよ、作品全体のクオリティは高い。

アレンジも演奏も歌も、洗練されていて品があり、AOR期のシカゴが好きな人なら大歓迎する出来栄えだと思う。

シカゴの曲以外の5曲も自作ではないが、例えばアルバムタイトル曲「Here I Am」は、レオナ・ルイスのデビューアルバムからと、やや意表を突くところから、いい曲を揃えてきている。

注目すべきは、やはりシカゴのシンガーだったビル・チャンプリンがゲスト参加していること。

もう70歳をすぎているが、たいへん調子はいいようだ。

ジェイソンがシカゴを脱退した理由の1つは体調不良だそうだが、まだ50代である。

カラダに無理のない範囲で、新作に挑んで欲しいものだと思う。

 


Hard to Say I’m Sorry


Will You Still Love Me


Jason Scheff Look Away


Here I Am

 

Here I Am

Here I Am

  • アーティスト:Jason Scheff
  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: CD
 

日本盤はボートラありなので要チェック。

 

<了>