おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【AOR】期待の新人がオランダから登場 ! MARTIN & GARP『SENTIMENTAL FOOLS』

AORには根強い愛好家がいて、近年、再評価の機運が高まっているが、さてこのジャンルの新人はというと、なかなかでてこない。

時代を追って発展するタイプの音楽ではないけれど、ブルースやカントリー、ギターロックには有望な新人が出てきているから、いささか不思議ではある。

ロンドン発のAORデュオ、ヤング・ガン・シルヴァー・フォックスは良い作品をコンスタントにリリースしているけれど、デビューは2015年。

その次は、となると、彼らの程の注目株はなかなか見当たらないのだが、なんと、オランダから期待の新人が現れた。

MARTIN & GARP(マーティン&ガープ)というオランダの男性のデュオ。

メンバーはまったくの新人というわけではなく、フィル・マーティンはプロデューサー、ソングライターとしての実績があり、相方のロー・ヴァン・ガープはセッションシンガーとして活躍してきたという。

どういう経緯でこのタッグを組んだのかわからないけれど、2人ともウエストコーストサウンドに大きな影響を受け、それを自分流に展開しようとしているのは明らか。

音は爽快で抜けがよく、明るくキレのいいコーラスワークなど、日本人が思い描くところのビーチリゾート感が満載だ。

『SENTIMENTAL FOOLS』というタイトルも、いかにも、である。

ラーセン・フェイトンバンドの「Who'll Be The Fool Tonight」
マイケル・マクドナルドの「What a Fool Believes」
などのタイトルを思い浮かべるAORファンは多いだろうが、実際、音も近い。

ヤング・ガン・シルヴァー・フォックスはイギリス。
このマーティン&ガープはオランダ。

なぜアメリカではなくヨーロッパで、とも思うが、AORのこうした優れた継承者が現れ、国内盤がリリースされることを素直に喜びたい。

 

この曲とか本当によくできている。


Making Up - Martin & Garp

 

こちらはアルバムのティーザー


Martin & Garp - Sentimental Fools album teaser

センティメンタル・フールズ

センティメンタル・フールズ

 

 <了>