おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

ポール・マッカートニー「Beautiful Night」ピアノ弾き語りに聞き惚れる

f:id:bakoji:20200816215524j:plain

 

ポール・マッカートニー自身の監修のもと制作される”ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション”は2010年にスタート。

シリーズ第1弾としてリリースされたのはポール・マッカートニー&ウイングスの1973年の重要作『バンド・オン・ザ・ラン』だったが、その13番目となる最新カタログが2020年7月31日にリリースされた。

1997年作の『フレイミング・パイ』である。

プロデュースは、ポールとジェフ・リンとジョージ・マーティン。

リンゴ・スター、スティーヴ・ミラー、リンダ・マッカートニー、そして息子のジェイムズなど気心のしれたメンバーとともに制作され、決して派手な曲はないが名曲ぞろい。

リリース当時の評価は高く、今でもポールの代表作の一つに数えられる。

このアーカイヴ・コレクションは、スペシャルな内容と仕様が売りで、今回も複数のタイプがあるのだが、基本とおぼしきは、5CD+2DVDという構成の《デラックス・エディション》。

ディスク1=アビー・ロード・スタジオで最新リマスターされたオリジナルアルバム
ディスク2=収録曲のホーム・レコーディング集
ディスク3=スタジオでのデモ音源、リハーサル音源など
ディスク4=アルバム未収録のシングルB面曲など
ディスク5=ポールが自身のスタジオを紹介したトーク

DVDにはドキュメンタリー『ザ・ワールド・トゥナイト』の映像のほか演奏シーン、舞台裏などが収録。

さらにリンダ・マッカートニーの未発表写真や、アルバム参加者たちへの最新インタヴューを含む128ページのブックレットなどがついている。

おねだん¥41,800 (税込)。

うーん、まあ、コアなファン向けだから、良しとしましょう。

ちなみの上記のセットに、さらにLP4枚が加わったコレクターズ・エディションもあって、こちらはなんと¥140,800 (税込)である。


ありがたいのは、CDのディスク1~4がストリーミングで聞けることだ。

フィジカルを買う前に試聴できるし、これで十分というライトはファンも多いだろう。


こうした企画盤に収められているデモ音源というのは、いうまでもないが玉石混交である。

そもそも公式に発表される予定がなかったのだから、完成度が今ひとつなバージョンがあるのは当然で、声高に文句をいう筋合いではない。

しかし今回のデモ音源は、きっちりリマスターされているせいもあってか、なかなか聴きごたえがある。

なかでも耳を奪われたのは「Beautiful Night (1995 Demo)」

リリースの2年前のデモということだろうか。

これは実にポールらしい美しく品のあるバラードで、オリジナルはバンド編成でストリングスも入っているのだが、このデモではアコースティックピアノだけで歌っている。

まさかピアニストが別とは考えにくいので、ポールの弾き語りだろう。

音がシンプルな分、メロディの美しさが際立ち、ポールの甘く伸びやかな歌声も素晴らしい。

 

実は、もう一つ別に「Beautiful Night (feat. Ringo Starr) [Run Through]」というバージョンも収められている。(ネットに音源はありません)

これはそのタイトル通り、リンゴ・スターが参加していて、演奏はピアノとドラムだけ。

これはこれで味わい深い。


こういう作品に出会えるのだから、やはりこうしたボックスセットのチェックは欠かせない。

とてもフィジカルを全部は買えないけれど......

 <了>