おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】80年代のようなアーバンなスムーズジャズ Chapters of Love / Julian Vaughn (2021)

チャプターズ・オブ・ラヴ / ジュリアン・ヴォーン

Chapters Of Love

Chapters Of Love

Amazon

 

これぞスムーズジャズ。

アーバンでジェントルで、色っぽくて洗練感があって、と。

ジュリアンは身長2メートル。
持ったベースがちっちゃく見えるビッグマンだが、指の動きはとても繊細で、主に5弦ベースを、まるでギターのように弾きこなす。

本作は、11曲中、ジョンBの「Someone To Love」(曲はベビーフェイス)だけがカヴァーで、大半がオリジナル。

全体を通して、メロウでたおやか。音数はわりと少なめで、空気感を重視したような演奏が多い。

緊張感やサプライズはないが、ゆったりくつろいで身を委ねるには、もってこいだ。

テクニックに優れた人なので、もっとがんがんスラップ弾いてもいいのでは、とも思うが、それはまた次回以降に期待しよう。

 

 

1.Sway
2.Waiting for You
3.Over & Over
4.Someone to Love
5.Amore
6.Hotel Lover
7.Loving You
8.Romance the Rain
9.Her Peace
10.A Feeling
11.Steps to My Heart

 

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら