おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】バンクーバーの人気バンドがゴキゲンに活動再開 Do You Know A Good Thing? / Night Crawlers (2021)

ドゥ・ユー・ノウ・ア・グッド・シング / ナイトクロウラーズ

 

バンクーバーのオールスターバンドとも称され、地元では大人気だというナイトクロウラーズ。

ここ数年は活動休止状態だったが、コロナ禍の最中にもかかわらず、パワフルに新作をリリースした。

経済的にやや厳しかったようで、支援団体からの資金援助を受けての活動再開だという。

本来2ホーンのところ、本作はバンドを率いるコリー・ウィーズのテナー、ワンホーンというのがちょっと寂しいが、グルーヴィーで躍動感あふれる、ナイトクロウラーズの持ち味はそのまま。

活動を再開できるという喜びが、音の渦のなかから湧き上がってくるかのようだ。

フロントはコリー・ウィーズだが、ずべてのメンバーが辣腕で、うねりまくるアンサンブルは痛快。

特に、ハモンドのクリス・ゲストリン、パーカッションのジャック・ダンカンが印象に残った。

 


1.1974 Blues
2.Do You Know A Good Thing When You See One?
3.Devilette
4.These Foolish Things
5.Soulful Kitty
6.Movin' Out
7.New Crawl
8.Greasy Spoon

 

Cory Weeds – tenor saxophone
Dave Sikula – guitar
Chris Gestrin – organ
Jesse Cahill - drums
Jack Duncan – congas on tracks 1,3,4,6, 7

 

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら