おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

イギリスのファンク兄弟が帰ってきた!ザ・ハギス・ホーンズ / スタンド・アップ・フォー・ラヴ (The Haggis Horns / Stand Up for Love )

 

北イングランドを拠点にするファンクバンド、ザ・ハギス・ホーンズの、これが5作目のアルバム。

この人たちが出す音の小気味よさは、今さらいうまでもない。

まさにUKファンクの代表格。

アメリカのファンクは、往々にしてすごくパワフルで熱量があって、グイグイと押してくる感じだけど、UKのそれはちょっと線が細くてゆるめ。

でもそのぶん、耳に心地よかったりもするのだ。


1999年のデビューだから、もう20年選手。

自分たちのグループとしての活動以外にも、マーク・ロンソン、エイミー・ワインハウス、ジャミロクワイ、ジョン・レジェンドなど、名だたるアーティストのバックをつとめて、名を挙げてきた。

 

インディペンデントレーベルFirst Word Recordsで5枚のシングルと2枚のアルバムを発表した後、2015年以来、彼らは自身のHaggis Recordsレーベルから作品をリリースしている。

今回のアルバムは制作に2年間を費やしたそうだ。

ゲストヴォーカルにジョン・マッカラムという人を迎えていて、かなり歌を全面に押し出した仕上がり。

とはいえ、基調になっているのは当然、1970年代のUSファンクで、JB'Sやタワー・オブ・パワー、クール&ザ・ギャングあたりへのオマージュ感は満載。

コロナ禍にあって、イギリスでもライブの本格的な再開までは、かなり時間がかかりそうだけれど、粘り強く活動を続けて欲しいものだ。


タイトル「イギリスのファンク兄弟が帰ってきた!」は、イギリスのメディアの記事にある「The UK's funk brothers are back!」を引用させていただいた。

シンプルだけど、当地のファンのワクワク感が、よく伝わってくる。

Stand Up For Love

Stand Up For Love

  • アーティスト:Haggis Horns
  • 発売日: 2020/05/22
  • メディア: CD

<この項おわり>