おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

山下達郎サンデーソングブック 3月17日「リクエスト特集」

達郎氏による曲の解説部分を書き起こしています。インフォメーションやリスナーからのメッセージは割愛しています。 ネットに音源があるものは張り付けていますが、オンエアされた音源とは異なる場合があります。

--------------------------------------------------------------------------

最近、おたよりを拝見しておりますと、いろいろとご時世を反映して、悩み事のようなものを割と頂きます。ま、人生いろいろありますから、がんばってやってください。

パレード/山下達郎 1976

パレード

パレード

  • provided courtesy of iTunes

 

 

Good Lovin'/The Young Rascals 1966

ヤング・ラスカルズ、1966年、全米NO.1の「Good Lovin'」。
私、これラジオで聞いて一発でノックアウトされて、レコード屋に走りました。今でも聞くとワクワクします。フェリックス・キャバリエのコーダ近くの"Love, love, love, love"。あの連呼がたまらない。

 

次はサンソンには珍しいリクエスト。ギルバート・オサリヴァンアイリッシュのひとです。
1973年の全英NO.1、全米7位ですが、全米でものミリオンセラーになりました。日本でもたいへんヒットしました。

Get Down/Gilbert O'sullivan 1973

 

 カスケーズ。1963年に、Valiant からRCAに移籍しまして、全米46位。
カスケーズは全部ミドルヒットなんですが、曲はみんな良いと。
エスト・コーストのヴォーカル・インストゥルメンタル・グループ、カスケーズの「For Your Sweet Love」。

For Your Sweet Love/The Cascades  1963

 

 次のリクエスト、23歳の方からソウル・サバイバー....僕が21か22のときに出た曲ですからね。それを今の23の人がリクエストしてくる。変な時代... ソウル・サバイバーズはリチャードとチャールズのイングゥイ兄弟、いわゆるブルーアイドソウルです。この兄弟を中心にしたヴォーカル・インストゥルメンタル・グループです。いろいろと変遷を重ねまして、1974年にニール・ラーセンをキーボードに迎えて、素晴らしいアルバムを作ったけれど全く売れず、日本でだけ評判になりました。我々がやったんですが。日本でCD化されまして、日本ではかなりおなじみになっています。74年のアルバム「SOUL SURVIVORS」から「Soul To Soul」。ギャンブル&ハフの作品です。

Soul To Soul/Soul Survivors 1974



ポール・ケリーはキャリアの古い人で、シンガーとしてスタートしましたが作曲家としても成功を収めました。1974年のワーナーからのアルバム「HOOKED,HOGTIED & COLLARED」に入っています、素晴らしいソウル・バラード「I Wanna Be Close To You」。 

I Wanna Be Close To You/Paul Kelly 1974

 

 ヤードバーズの1965年のヒット・シングル「For Your Love」のB面に入っていますエリック・クラプトンが演奏するインスト。クラプトンはこの「For Your Love」でヤードバーズを脱退しますが、そのB面はインストゥルメンタルでした。我々はこれを聞いて「クラプトンは伝説の人だ」と。

Got To Hurr/The Yardbirds 1965



 

リクエストがエグいですが、「バリー・マンの春っぽい曲をよろしくお願いします」。
すごいですよ、これ。こっちもねじれていますので、バリー・マンで"SPRING"が入ってる曲を調べたら一曲しかなかったという。「Your Seventeenth Spring」あなたの17回目の春。
まだシンシア・ワイルとペアを組む前でラリー・コルバーとの共作。1960年の作品。レコーディングしているのはマーティー・ワイルドというイギリスのシンガー。クリフ・リチャードとかと同じく、ビートルズより一世代前のロカビリー世代のシンガーで、娘さんがキム・ワイルド。長男のリッキー・ワイルドも歌手をやっていました。
wikiで見ますとチャートに入ってますが、NMEもビルボードも入っていないので、他のかもしれません。最近、チャートの確認できないのが多いんですが、それはそれとしてバリー・マンとラリー・コルバーとのペンによる「Your Seventeenth Spring」。

Your Seventeenth Spring/Marty Wilde 1960



 

 小学校3年生からのリクエスト。サラ・ヴォーン
サラ・ヴォーンは超大物ジャズ・シンガーですが、これが最後のヒット曲になるんですね、Mercuryからの。1966年、当時のヒット曲をカバーした「イエスタデイ」など入っているアルバムからシングルカットしてヒットしました。
The Toysよりこっちの方がいいという、高校のころの女性の友達もいましたから名演ではあります。
あれだけスキャットのアドリブとかが達者な人が、こういうときはちゃんとメロディを歌う。必要以上に崩さないのが立派です。1924年生まれなので42歳の歌声ですね。

A Lover's Concerto/Sarah Vaughan  1966

 

リスナーの願掛けのリクエストにお応えして。
潮騒山下達郎 1978    (音源なし)

OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜(通常盤)

OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜(通常盤)