おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】Sonhos Da Esquina / Ryan Keberle's Collectiv Do Brasil (2022)

 

Sonhos da Esquina

Sonhos da Esquina

  • Alternate Side Records
Amazon

マリア・シュナイダー・オーケストラに15年以上在籍するなど、ニューヨークのジャズ・シーンで活躍する中堅トロンボーン・プレイヤー、ライアン・ケバリー。

かねてからブラジル音楽に関心をもっていたケバリーは、2017年にサンパウロを訪れ、ブラジルの大御所ギタリスト、トニーニョ・オルタと長年に渡って共演しているフィリッペ・シルヴェイラ(ピアノ)、ポリーニョ・ヴィセンテ(ドラムス)らに出会って意気投合。

ティアゴ・アルヴェス(ベース)を加えて〈Collective Do Brasil〉を結成し、サンパウロで録音したのがこの作品。

ミルトン・ナシメントらのカヴァーが5曲ということもあり、全体の印象としてはジャズというより
ブラジル音楽だが、ライアンのソロにはやはりジャズの響きが。

そのライアンの温かみのある音は、ブラジル音楽特有の哀愁感とほどよくマッチしていて、とても耳あたりが良く、癒される。

 

1.Cio da Terra
2.Campinas
3.Carbon Neutral
4.Sonhos da Esquina
5.Club Da Esquina 2
6.Aqui, Oh!
7.Tarde
8.Francisca

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら