おとのほそみち Jazz and More

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】西アフリカにルーツを持つピアニストが示す最も今日的なジャズ Primordial Waters / Jamael Dean (2021)

プライモーディアル・ウォーターズ / ジャメル・ディーン

 

LAジャズシーンの若き俊英が、現代ジャズの最先端の姿を示した、といってもいいだろう。

カマシ・ワシントンやサンダーキャットらとのコラボでも知られるピアニスト、ジャメル・ディーンの大作アルバム『Primordial Waters』。

過去にピアノ・ソロ作品はあるが、ユニットを組んでのフルアルバムはこれが初である。

2CDのやや異色な構成で、自身のグループ、ジ・アフロノーツを率いて録音したジャズ・サイドと、その音源を使ったヒップホップ/ビート・サイドの二部構成になっている。

ラッパーやビートメーカーとしても活躍する彼のことだから、こういうアイデアが出てきたのだろう。

ジャズファンの中でも“バップ命”みたいな人には「なんじゃこりゃ」かもしれないが、ヒップホップとの混交は、最も今日的なジャズのあり方のひとつだ。


ジャメル・ディーンのルーツは、西アフリカの民族集団ヨルバにあり、そのヨルバの創世記が、このアルバムのテーマだという。

ヨルバの伝統歌を下敷にし、ジャズとヒップホップの解釈、表現を加えて練り上げられたそうだ。

そのコンセプトから凡そ察しはつくと思うが、その演奏はスピリチュアルで壮大な叙事詩ともいうべきもの。

月並みな連想だが、サン・ラを思わせる部分もある。

静謐なピアノソロから破壊的なインプロビゼーションまで、表現の振り幅は広く、聴く者は緊張を強いられるが、それだけ聴き応えのある作品だといえる。

 

 <了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら