おとのほそみち Jazz and More

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】Precious / 宮里陽太 (2022)

Precious

Precious

  • アーティスト:宮里陽太
  • ワーナーミュージック・ジャパン
Amazon

達郎バンドでも活躍するサックスプレイヤーの4作目

山下達郎のバンドメンバーになったのが2011年だから、早いもので、もう10年以上。

前任が土岐英史だから荷が重いかもなあ、と思いつつ参加初ツアーのコンサートにいったら、音は伸びやかで艶があるし、ソロはメロディアスでよく歌うし、さすがに山下達郎が選んだ人は凄いと感心したものだ。

いうまでもなく、そもそもはジャズのサックスプレイヤーで、これが4作目。

ジョージ&アイラ・ガーシュインによるスタンダード曲「But Not For Me」以外は宮里のオリジナル。

カルテット編成で、ストレート・アヘッドな演奏をグイグイ聴かせてくれる。

ヒネリとか持って回ったところがなく、実に痛快にカラダに響く。

山下達郎バンドの凄腕ベーシストである伊藤広規は、このアルバムを
『プレシャスは、今までの宮里陽太くんのアルバムのなかで、私はイチオシです。バラードも、テナーからソプラノまでサックスの美味しさを活かした曲作りも、セッションのコンビネーションもいい』
と評している。

その山下達郎は、このアルバムのエグゼクティブプロデューサーとしてクレジットされているが、具体的に何をしたのかは、今一つよくわからない......

 

宮里陽太 サックス
宮川純 ピアノ
川村竜 べース
山田玲 ドラムス

1. Gin de Paris
2. But Not For Me
3. Because He Loves All
4. It’s On Me 
5. Precious (Ver.2)
6. Get Ready 
7. Relief 
8. 8/12(Eight Twelfths)
9. Ray’s Pizza 
10. Beauty In All 

<了>
このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら